Loading...Loading...

(もう少し、お付き合いください。)

串本町の朝明け。

向こう左に見えるのが大島。かつては「島」でしたが、現在では、このくしもと大橋で本州最南端の串本町とつながっています。

さあ、いよいよ2日目の行動開始です。

まずは、トルコ記念館前へ。ここから2日目の歴史探索ツアーが始まりました。エルトゥールル号が遭難した樫野崎灯台は、このすぐ近くにあります。

こういった展示物もしっかり見てきましたゾ。

 

 

 

たしか「海金剛」と言ったっけ。

絶景!

ココをバックにした小生の写真もありますが、割愛。美男の露出は少なめが良し(!?)、とな。

エルトゥールル・リサーチセンター(元小学校)へ。

ここで、船から引き上げられてきた遺品を回収・保管・分類するのですが、……。

その作業が大変なのでだそうです。

 

 

 

説明するトゥファン・トルファン氏。

遺品の数々や錆びだらけの釘、砲弾なども、まずは塩分を除去する作業から始まります。

海に潜って引き上げる作業の、ゆうに10倍は手間が掛かるそうです。根気の要る作業ですね。勉強になりました。ナルホド。

ここで串本町とはさようなら。

ツアーの皆さんともお別れして、小生一人、南紀の別な町へと向かったのでした。(続く)

 

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K