Loading...Loading...

ちょっとご無沙汰いたしました。
和歌山県の最南端まで、歴史探索ツアー&個人旅行で留守をしておりました。南紀にしては大変寒かったけれども、お天気は良かったです。
いろいろ書きたいこともありますが、とりあえず帰葉の報告です。数日間のメールチェックやら郵便物の整理等々が残っておりますので、お許し下さい。
阪和線、初めて乗りました。新大阪から串本へ。くろしお9号、新宮行きで串本駅下車。日曜だというのに車内はガラガラでした。大丈夫?、ですかねぇ。路線が廃止されたりしませんかねぇ、心配しちゃいました。(地方を切り捨てるな!)

景色は良かった! 最高でした。その景色をご馳走にして、列車の旅を楽しみました。

しかしながら一言。車内販売がありませんでした。出発直前にそのアナウンスも聴いたのですが、小生お得意の飛び乗り・ギリギリの乗り継ぎで、食料調達叶わず。14:30の串本着まで昼食はお預けでした。(もっとも、朝食は新幹線車内で8:30に取りました。それでも、ハラヘッタァ~。

今回のツアー(小生は現地合流)のコンセプトは、「串本町・エルトゥールル号を訪ねる」歴史探索研修でした。
当日の夜の講演会。素晴らしかった! メインの報告は、ノンフィクション作家・河添恵子先生による「歴史の真実から分かる日本人の美しい心」でした。

その話の中身は?  残念ながら、今夜はココまで。
続報にご期待下さい。(ホテルからの眺め (↓ )。今回は珍しく贅沢をして、良いホテルの良い部屋に泊まりました。)

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

南紀の旅”にコメントをどうぞ

  1. たむら あきこ たむら あきこ on 2018年2月6日 at 9:02 PM :

    >「歴史の真実から分かる日本人の美しい心」
    是非聞きたかったです。

    串本には、2回行ったことがあるのね。
    1回は短歌の会で。
    2回目は詩の会で、車でみなさんと一緒に和歌山市から乗って行ったような。
    ずいぶん昔。
    もう少し距離を延ばせば新宮ですよね~。
    はるばる南紀まで来ていただいたんだなと、とても嬉しく思っています。

  2. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年2月7日 at 7:57 AM :

    初めての串本、良かったです。
    もちろん、新宮にも行きました。
    続編をお楽しみに。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K