Loading...Loading...

(遅ればせながら、アップします。)

11 月 3 日(祝)、「ケータイ・スマホで575・・」全国高校生ケータイ韻文コンテストの表彰式が江戸川大学で行われました。小生も審査委員の一人でしたが、スミマセン、所用があって欠席させていただきました。
同コンテストは、短歌部門、俳句部門、川柳部門、キャッチフレーズ部門と4つの部門に分かれており、それぞれの部門毎に最優秀賞、優秀賞が江戸川大学・小口学長より表彰されました。モチロン、江畑哲男 は川柳部門の審査委員(もう一方は、佐藤毅江戸川大学教授)でした。なかなかの佳句が集まりました。こういう企画って、良いですよね。若者に韻文の素晴らしさを知って貰える、良い機会となるはずです。皆さまもどうぞご鑑賞下さい。
では、以下江戸川大学のHPよりご紹介しましょう。
■応募総数は 7,297 件
(短歌 2,960 首、俳句 1,756 句、川柳 2,581 句)
(短歌部門、俳句部門、キャッチフレーズ部門、割愛します)

個人賞(川柳部門)
【最優秀賞】「弟と 同じ部屋でも LINEする」
静岡県立伊東高等学校 大北沙耶

【優秀賞】
「おはようと家族に言うとこんにちは」
北海道東川高等学校 廣野真彩
「授業より頭に残る無駄話」
八戸工業大学第一高等学校 古川聖来
【入選】
静岡県立伊東高等学校 萩坂愛実
神戸市立神港橘高等学校 中尾彩音
【佳作】
宮崎県立佐土原高等学校 小川春斗
北海道東川高等学校 丸田一聖
宮崎県立佐土原高等学校 川原侑也
流通経済大学付属柏高等学校 大川原悠斗「予備校に人吸い込まれ今日は模試」
八戸工業大学第一高等学校 髙屋敷洋仁
熊本県立熊本工業高等学校 谷口空

おめでとうございます!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K