Loading...Loading...

やっぱりそうでしたか。
おかしいと思っておりました、一連の加計学園報道。「従軍慰安婦」の誤報、吉田福島原発所長調書誤読にも匹敵する、朝日のフェイクニュースらしいのです。いえいえ、朝日新聞ばかりではありませんな。多くのマスコミが、「これでもか、これでもか」という「安倍叩き」をしていたのですから。異常でした。
そんななか、加戸守行氏の一文を読みました(『Hanada』10月号所収)。
83歳にして矍鑠、しかも理路整然と自らの体験と経緯を述べております。説得力がありました。そう、加戸氏こそ愛媛県今治市に大学の獣医学部を誘致した当事者でした。国会ではズバリ証言。「行政が歪められたのではない、歪められていた行政が正されたのだ」と。ご立派でした。加戸氏の証言とオピニオン誌所収のこの一文は熟読する価値あり、と申し上げておきます。はい。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

「メディアに〝黙殺〟された私の証言」(加戸守行前愛媛県知事)”にコメントをどうぞ

  1. たむら あきこ たむら あきこ on 2017年8月31日 at 1:38 PM :

    こういうことを、ここできちんと誠実に発信し続けておられる先生!(↽突然)に敬意。
    いまの、乗っ取られた(過言ではないでしょう)ようなマスコミに洗脳される人もまだまだたくさんいるでしょうが。
    でもね、とくに若い人におかしいと気付いてきた人が多いのよ~。

    • 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2017年8月31日 at 9:26 PM :

      いつも有難うございます。真面目な(真面目すぎる?)ブログの内容に対して、それこそきちんとしたメッセージをいただいて嬉しく存じます。励まされます。
      加戸前愛媛県知事さん。全く存じ上げませんでしたが、「人物」ですねぇ。丹念にその発言と主張を追ってみて、そう感じました。

  2. 東里 on 2017年10月19日 at 2:05 AM :

    これこそ、反日在日韓国朝鮮人、支那人に乗っ取られた主要メディア得意の【報道しない自由】ですわな!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K