Loading...Loading...

いやはや、今や藤井聡太四段は時代の寵児。メディアは藤井四段の話題で持ちきりです。良いですねぇ。

何を隠そう、東京都立江北高校将棋部だった小生(団体戦ながら全国大会2回戦まで進みました)。そして、千葉県立東葛飾高校将棋部顧問だった小生も、藤井四段のこの快挙に喝采を贈っている一人です。何しろ、デビュー以来公式戦負けナシの29連勝!! スゴイなんてもんじゃありません。しかも、相手はみんなプロなんですよ。プロ棋士になるなんて東大合格するよりも大変なんですよ(と公言する棋士もいた!)。その狭くて困難な門をくぐってきたプロ棋士たちを相手にした連勝記録、なんです。「素晴らしい」の一言に尽きますね。

さて、その連勝もいつかは途切れます。こうなると、注目はいったい誰が藤井聡太四段の連勝を阻むのか? 藤井四段のファン(特ににわかファン)の方には申しわけありませんが、本日が大きな大きなヤマになるかも知れません。

本日(7/2)東京・将棋会館で竜王戦決勝トーナメントの第2回戦があります。相手は若手の強豪中の強豪、佐々木勇気五段です。22歳。相当の実力者!、です。たしか、埼玉県は三郷市の出身。さらには、千葉県柏市在住の石田和雄九段の弟子です。結果は、今から13時間後に分かります。本日の午前10時過ぎから、柏の将棋センター(席主石田和雄九段)でも大いに話題になっていることでしょう、たぶん。

はてさて、小生の「予言」やいかに。

結果はどうなるか?

注目してまいりましょう。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

連勝記録を阻む強者はいったい誰か?”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2017年7月2日 at 9:54 PM :

    自分のブログに自分でコメントを寄せるなんてい異例ですが、20時現在佐々木勇気五段の方が優勢のようです。7時のNHKニュースでは、師匠の石田和雄九段がインタビューに答えて、「連勝記録をストップするのは佐々木五段だ」と、自信たっぷりに発言されておりました。
    終局近し!! 果たして結果やいかに?

    • 鷹麿 on 2017年7月3日 at 3:24 PM :

      先生の感大当たり!流石というか、佐々木五段のことをよく知ってるのでしょうか?
      でも、世は泰平也。

      • 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2017年7月3日 at 7:35 PM :

        はいはい、「予言」大当たりでした。
        当の佐々木五段よりも、その師匠の石田和雄九段と懇意なのです。石田先生、今日もテレビの取材を受けておられました。柏の将棋センターの映像がたくさん使われておりました。
        まぁ、師匠としては嬉しいことでしょうね。

  2. 信ちゃん on 2017年7月3日 at 5:43 AM :

    結果は出たよ~「都民ファースト」の圧勝だっだよ~・・「自民都議」は国政の「犬のフン」を踏んでしまったようだ・・・・え~~「藤井君」の事か~~「30連勝ならず」だったね~ 佐々木五段が 果敢に攻撃したようだ・・「藤井フィバー」「将棋フィーバー」を作り上げてしまった、恐ろしい「十四歳」だ!・・・将棋会館近くの「定食屋」も加藤九段も・・大いに「お零れ頂戴」となった。将棋連盟は「藤井大明神」として感謝しなければね~・・・さて「全日本川柳協会」の行く末は・・・「哲男さん」・・歳は不足?だけど・・「フィーバー」を起こして欲しいと願っていま~す。

    • 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2017年7月3日 at 6:17 AM :

      話題盛りだくさんですが、本日は一学期末テスト前の最後の授業。試験範囲を終わらせなければなりません。
      ……、なんて、ひどく現実的な話題に戻っちゃいました。
      では、メシ食って行って参りま~す。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K