Loading...Loading...

お江戸はスゴイ

「お江戸は世界史の奇跡!」、「う~ん、やっぱりそうだったんだ!」と納得できちゃうのがこの本でした。『江戸はスゴイ』(堀口茉純著、PHP新書)、副題には「世界一幸せな人びとの浮世ぐらし」とありました。
以下は小生お得意のメモ書きにて失礼します。
▽家康・秀忠・家光「三代の天守」
天守がなかった理由がスゴイ
▽災害都市・江戸
大火:500回以上
平均:年2回のペース
現代でも参考になりそう。
▽風水がスゴイ
▽インフラがスゴイ
当時のハイテク技術を駆使した土木事業
(玉川上水、神田上水)
二つ合わせて、ナント150㎞弱
100mで20㎝の水位差しかなかった!
世界最大級のハイテクな上水道、デシタ
下水と屎尿(汲み取り)を区別
(cf)欧州の屎尿処理
▽清潔さこそが繁栄をもたらした
パンデミックがなかった

高校等で教わる歴史は、相変わらずの「江戸時代=暗黒」といった図式。明らかに見当違いの、誤れる暗黒史観・貧困史観、です。マルキシズム史観そのまんま、払拭されてはおりません。そんな歴史教育の「常識」を吹っ飛ばしてくれる本がコレ、でした。ともかく面白い!!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

新書『江戸はスゴイ』が、スゴイ”にコメントをどうぞ

  1. たむら あきこ たむら あきこ on 2016年12月1日 at 9:31 PM :

    なるほどね~。
    じつは、私の畏友も十年以上前にそういうことを書いているのね。(神職でもある、著述家)
    そのうち常識となるのでしょうが、なかなかね~。

    ところで。
    柳誌を送っていただき、ありがと~。
    じっくり読ませていただくことに。
    4日の会、開場時間ぎりぎりに着く予定。
    遅れないように無事到着出来たらいいのだけれど。
    ではそのときまた。 マタ()ネ~

  2. 江畑 哲男 on 2016年12月1日 at 10:08 PM :

    はい、有難うございます。バイアス抜きに史実を受けとめようとする傾向が、しだいに強くなってきているようです。結構なことです。
    では、4日(日)の再会をたのしみに。小生もたぶんギリギリの着です。

  3. 東里 on 2017年10月19日 at 4:26 AM :

    同意!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K