Loading...Loading...

講演する藤井厳喜先生

1月23日(土)東葛川柳会新春句会は、お陰さまで記録的な盛会となりました。お寒いなかご参加いただいた皆さん、有難うございました。

また当日は、「第22回とうかつ乱魚ユーモア賞」の発表を行いました。応募された方、特別選者の先生方、ジュニアの皆さん、ご協力有難うございました。ユーモア賞の詳細については、当会のHPをご覧下さい。

さて、その新春句会ですが、国際政治学者・藤井厳喜先生の特別講演が大好評でした。「面白く、興味深く、拝聴した」「日本の文化・伝統の素晴らしさを教わった」「もう少し聴きたかった」「充実の時間を有難うございました」等々の感想をいただいております。

一方、先生からも御礼の電話を逆に頂戴しております。「行き届いたお持てなしに感謝」、「大変楽しく有意義な一日でした」、「皆さんの川柳作品を堪能しました」等々の内容でした。

その後当会の某幹部から、「藤井先生については詳しくは知りませんでしたが、超大物の先生だったのですね」というメールも頂戴しました。
その超大物講師の藤井先生には、講演のみならず懇親会まで気持ちよくお付き合いいただきました。改めて感謝と御礼を申し上げる次第です。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

新春講演「誰でも詩人になれる国・日本、俳句と川柳」”にコメントをどうぞ

  1. てじま晩秋 on 2016年1月28日 at 5:02 PM :

    こんにちは。
    東葛新年会、大盛況おめでとうございます。150名を越える参加者の皆様、お邪魔する毎に申し上げておりますが東日本一の集客数は、都度びっくりポンです。

    藤井先生のご講演も気取らず、解りやすい言葉を選ばれての中味の濃い内容で堪能しました。また日本海での懇親会も凄く楽しく、有意義でした。

    2日後の月曜日、六斉堂編集長からご鄭重なお便りを拝受! 披講中の僕のフォトもプリントされての電光石火に感動! でした。

    本日AMには、貴会の川崎信彰さんから句文集「蝉時雨」をご恵贈戴きました。先程、読み終わりました。早速、読書感を認めて信彰氏に送付するつもりです。

    明日は上野で日川協新年会ですね。お会いできるのを楽しみにしています。取り急ぎお礼まで。

    • 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2016年1月28日 at 9:09 PM :

      新春句会では、ご高選有難うございました。
      お陰さまで盛会でした。
      明日、参加します。
      楽しみにしております。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K