Loading...Loading...

いまや、国民的人気番組(!)の「笑点」。林家木久扇師匠がお休みのため、その代役として関西から桂三枝(現文枝)が招かれた。超大物ゲストの登場である。楽しみだった。
この週は忙しく、昨日録画で三枝をようやく見たが、ガッカリだった。トシとったねぇ、三枝。座布団にまともに座れないんだねぇ。回答もダメ。滑舌も悪く、ちっとも面白くなかった。
小生と同世代ならご存じであろう、「ヤングオーオー」。あの時代の桂三枝は、キレッキレだった。当意即妙、テンポも早く、滑舌よろしく、次から次へと話題の展開が早かった。
まぁ、寄る年波には勝てませんよね。しかしながら、笑点。老人ばかりを起用して、毒のない番組に変わってしまったことだけはたしかなようです。
林家たい平だけかなぁ?、滑舌がよく(あとはみんなダメ?)、いまノリにノッテいるのは。そのたい平師匠。お得意の「お姉ネタ」は最近すっかり影を潜めている。LGBT問題で当局から禁止令が出されて、ただいま封印中だとか。真偽のほどは不明。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K