Loading...Loading...

正式名称を書いていませんでしたね。
「第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭宮崎大会『太陽と緑あふれる神話の源流 みやざき 川柳の祭典」でした。

7月11日(日)に開催されたその「川柳の祭典」には、事前投句Aに1,468名、事前投句B1,229名、当日参加者106名でした。有り難うございました。

こういう状況の中で、大会が開けたこと。大会の準備をして、立派に開催していただいたこと。さらには、人数が少なかったとはいえ、遠方よりの参加者も含めて、三ケタの数字に達したこと。それだけでも、素晴らしいことでしたね。そう申し上げます。

今回はちょっとした気配りがあちこちで見られました。ご覧いただけますでしょうか?(写真右)
座席が密にならないようにとの配慮です。注意書きの文言がシャレています。「×」とか、「ここに座るな!」ではなく、「神々の席」と書いてあるではありませんか?
粋ですねぇ。さすが神の国の祭典です。

もう一点は千葉に帰ってから気づいたこと。

子どもさんの描いた絵とメッセージが添えられていました。こちらは、かわいい気配りです。(写真左)
小生がいただいたお土産に、宮崎市立檍北小学校4年生の子どもさんの絵とメッセージが添えられていたのです。「ようこそ宮崎へ。ゆっくりおすごしください」と書いてありました。
どうも、ありがとう!
おっと、ブログの下書きをしていたら、三つめの気配り。小島蘭幸理事長からの電話。ねぎらいの電話でした。「お疲れさまでした。代役有り難うございました」と。こちらも気配りにあふれる、こころ優しい理事長です。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

国文祭みやざき(2)粋な気配り”にコメントをどうぞ

  1. 間瀬田紋章 on 2021年7月29日 at 9:56 AM :

    哲男さま
     国文祭みやざきにご参加いただきありがとうございました
    全日本川柳協会を代表して、ご挨拶、表彰式のプレゼンターなど
    大変お世話になりました
     お陰様で、延期となった二年越しの大会開催ができました
    ブログにお褒めの言葉をいただきスタッフ一同、喜んでおります

    当日出席者は、最終的に115名でした

    またどこかの大会でお会いできるのを楽しみにしております

    宮崎番傘 間瀬田紋章

    • 江畑 哲男 on 2021年7月29日 at 11:35 PM :

      おっと、紋章さん。お世話さまでした。
      有り難うございました。
      115名、了解です。
      近いうちにきっとどこかでお目にかかりましょう。
      そのときはまた、よろしくお願いいたします。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K