Loading...Loading...

『川柳塔』もご立派!
しかしながら、わが東葛川柳会も負けてはいられません。
皆さんのところに、『ぬかる道』4月号は届きましたでしょうか?
その新しい表紙絵が話題となっております。
現役の大学生によるイラストを採用させていただいたのです。ご覧下さい。「川柳誌」というと、とかくジジくさい内容とワンパターンの編集。そうした中でのこの斬新さ、けっこう評判になっております。有り難うございます。
これまでに届いた皆さんの声をご紹介しましょう。
▽昨日(3/29)『ぬかる道』届きました。開けてビックリ! かわいい表紙! 思わず見入ってしまいました。『ぬかる道』到着の楽しみがまたひとつ増えました。(Y・T子)
▽新しい表紙、大歓迎です。この表紙が目に入るや、「やるぞー」「かわいい~」「斬新」、等々ほめ言葉ばかり。ウキウキ楽しくなりました。(F・C子)
▽『ぬかる道』4月号、拝読・熟読、楽しませて頂きました。表紙のイラスト画の斬新さに、仰天。まさに今風・社会性の導入。怖れ入谷です。哲男さんの発掘眼が見付けた新風。高齢化する川柳界へ、強烈な目薬パンチです。(G・M夫)
表紙以外にも、以下のような感想を頂戴しました。
▽『ぬかる道』届きました。36頁(瀬戸南高校関連の記事)を見てびっくり。江畑先生、さすがですね。すぐに行動に移し、エールを贈ったとは。やはり高校の国語の先生という職歴と、川柳界に於ける高い存在価値が、あちらの校長先生には感動ものだったのでしょう。「つながる」力に敬意を表します。本当に嬉しいです。(T・Y子)
▽『ぬかる道』巻頭言はいつも楽しみにしています。まさに書かれているように「穿ち」の効いた川柳が醍醐味だと常々私も思っております。表紙絵も一新されてイメージがソフトになりました。『原生林』廃刊の記事も他人事ではないと感じました。(N・T夫)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K