Loading...Loading...

●働く高齢者の労働災害(労災)が増えている。2018年に労災に遭った60歳以上の働き手は前年よりも10・7%増え、労災全体の4分の1を占めた。政府は70歳までの雇用の確保を努力義務として企業に課す方針を打ち出したが、高齢者が安心して働ける職場づくりが課題として浮かび上がる。

●働く高齢者の労働災害(労災)が増えている。2018年に労災に遭った60歳以上の働き手は前年よりも10・7%増え、労災全体の4分の1を占めた。政府は70歳までの雇用の確保を努力義務として企業に課す方針を打ち出したが、高齢者が安心して働ける職場づくりが課題として浮かび上がる。

●厚生労働省が17日発表した18年の労災発生件数は前年比5・7%増の12万7329人だった。このうち60歳以上は3万3246人と、全体の26・1%に達した。10年前の08年は18・0%だった。

●高齢者の労災が増えているのは、65歳までの定年延長や全国的な人手不足を背景に、働く高齢者が増えているからだ。65歳以上の働き手は10年前より309万人増えて875万人に達し、労働力人口全体(6830万人)の12・8%を占める。

●年齢を重ねるとともに、視力や握力、バランス保持能力といった身体機能が低下していくにつれ、仕事中にけがをしたり、事故に遭ったりしやすくなる。役員を除く雇用者1千人あたりの労災件数は、20代が1・6件なのに対し、60歳以上は3・8件と2倍以上の水準だ。

●なかでも目立つのが転倒事故だ。全世代では労災全体の25%が転倒によるものだが、60歳以上に限れば37・8%を占める。50代(30・3%)と比べても7・5ポイント高い。

●男女別でみると、転倒事故の割合は10~40代までは男性の方が高いが、50代以上は女性の割合が高くなる。厚労省の担当者は「骨が弱くなりがちな高齢女性が転倒して骨折し、長期の休業につながるケースが多いのではないか」と分析する。

●「一億総活躍」を掲げる政府は15日、希望する人が70歳まで働ける機会の確保を企業の努力義務とする方針を示した。来年の通常国会に高年齢者雇用安定法改正案を提出する考えだ。

●かつては「定年退職後は年金で悠々自適」というのが老後のイメージだったが、今では危険と隣り合わせで働く高齢者も少なくない。ただでさえ高齢で健康や家計に不安を抱えながら働かざるを得ない人も多い。『生涯現役』というなら、労災を予防する取り組みが企業側に求められますね。また、働く人も働くからには充分に注意しましょうね。

今日は5月19日(日)。今日がお誕生日の方、おめでとうございます。今日は①競馬 オークス(東京)②ボクシングの日。私は8時30分スタート10時30分長井、片山選者先生をお迎えして新宿「三平」で時事川柳会の学び合い。懇親会もあるので帰宅は19時頃か。ところで、みんな違ってみんないい川柳。今日は羽生田はる氏の句(平成30年度川柳研究社年度賞)です。

●落ち葉踏むかさかさ過去を砕く音    羽生田はる
(みんな違ってみんないい鑑賞それぞれお楽しみ下さい。)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

ご隠居をおだてはつらつ古稀の汗”にコメントをどうぞ

  1. 岡本 恵 岡本 恵 on 2019年5月19日 at 12:18 PM :

    茂男さん、こんにちは。
    一億総活躍という言葉は美しいですが、どうなんでしょう。家庭にいる人は活躍していないのでしょうか。何歳まででも、動けるうちはお国のために働いてほしいということ?よく分かりません〜。とにかく健康で過ごせるように。それだけは気をつけたいですね。
    今日も川柳の一日。今頃は話し合いが盛り上がっている頃ですね。充実の学び合いとなりますように。

    • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2019年5月19日 at 7:09 PM :

      恵さん、こんばんは。私は、一昔前の「ご隠居さん」に憧れます。それ以降に汗を流す場合はボランティアと心得ます。暮らしのために、生計のために働くのは少し寂しいですね。どうなるにしろ健康第一、治療より予防です。また、選者先生方も投句者の皆さまも一年一年大人になりました。「オレの句をなぜ抜かない」と言うような話はなくなりました。今日もありがとうございます。天気は下り坂のようですね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

加藤鰹 電子書籍版も配信
かつぶし
定価: 1,080円
四六判変形ソフトカバー・106頁
978-4-86044-609-3

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K