Loading...Loading...

自民党は14日、大筋合意した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)対策などを議論する党農林部会の部会長に、小泉進次郎元復興政務官を起用する方向で調整に入った。複数の党幹部が明らかにした。今後、国会の常任委員長人事などと合わせて最終判断する。発信力と国民的人気の高い小泉氏の起用には、TPPに対する農家の批判を和らげ、来年夏の参院選対策とする面もありそうだ。将来の首相候補といわれる小泉氏に経験を積ませる狙いもある。小泉氏をめぐっては、7日の内閣改造・党役員人事の目玉として、一時、首相補佐官など政府要職への起用が取り沙汰された。ただ小泉氏は先月30日、「自分には、まだかけるべき『雑巾がけ』の期間がある」と述べ、党内での処遇を求める考えを示していた。しっかりと雑巾がけをして欲しい。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。10月15日(木)の花は「シオン」、花言葉は「追憶 遠くの人を思う」。平安時代の「今昔物語」にも出てくるとか。今日は①国連安全保障理事会の非常任理事国選挙(米ニューヨーク)②米軍岩国基地の騒音被害をめぐる周辺住民の損害賠償訴訟で判決(山口地裁岩国支部)③北朝鮮による拉致被害者5人帰国から13年④新聞大会(大阪市)⑤九州電力が川内原発2号機を再稼働(鹿児島県薩摩川内市)。私は13時、戸塚地区センターで、「時事作家協会」の句会で、「波」の選を務めます。ところで、「銀河」10月号を拝受。巻頭言で主幹・島田駱舟氏曰く「『番傘』9月号の表紙をめくったら、目を疑う文字が飛び込んできた。9月号から、『イメージ吟』を募集します。と社告が出ているではありませんか。これには驚きました。番傘川柳社創設の一人である岸本水府は、東京の川柳を伝統川柳と呼び、現代には合わないものとし、番傘は伝統を越えた本格川柳を目指す、としていました。と、同時に東京の句会で楽しまれている折句など、座興的な雑俳系の川柳も否定したと伝えられています。本格川柳は古川柳的な仕立てや座興的な作句を排し、現代にマッチした『川柳道』を極めるために邁進すべし、ということなのでしょう。この水府の考えが浸透したのか、関西では通常課題の題詠しか見受けられませんでした。が、水府が鬼籍に入って約50年、番傘本社の『社是・社訓』が変更されたような、画期的な出来事に私には思えました。イメージ吟と印象吟は違うと言われる方は少なくありませんが私は全く区別していませんし、番傘本社も同じと解説しています。印象吟は正格にいえば雑俳系ではありませんが、即興的な面は否めません。それを本格川柳の総本山が取り入れるのですから、これは歴史的転換と言ってよいでしょう。イメージ吟と言えば、かって大阪で「アトリエの会」の森田栄一が孤軍奮闘していたとを思い出します。彼は先見の明があったということになるのでしょうか。現在は赤松ますみさんの「川柳文学コロキュウム」句会や、岩田明子さんの「堺番傘」の勉強会が印象吟を取り入れています。栄一の頃とは環境が違っています。しかし、番傘本社までとは予想できませんでした。東京の句会でも印象吟はまだ即興的な扱いです。老舗の「きやり」「川柳研究」では採用されていません。今後は、老舗吟社でも取り扱われるのでしょうか。川柳界の山が動き出したのかも分かりません」と。駱舟氏の印象吟句会の句。
虫の音に雲間の月がタクト振る
王様になろう青信号続く
平等の舌に格差の無限大 など



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

もう少し雑巾がけの進次郎”にコメントをどうぞ

  1. 岡本 恵 on 2015年10月15日 at 6:39 AM :

    茂男さん、おはようございます。
    時代の先を行っていたのが駱舟さんの印象吟句会『銀河』なんですね。川柳界の山を動かす存在。サスガです。課題の写真にブログの一枚を使っていただいたこともあったんですよ。駱舟さんの行動や発言にはますます注目ですね。
    今昔物語の「兄弟二人、萱草・紫苑を植うる語」を読んでみました。昔の人も心を収める術に試行錯誤していたのですね。悩む心は現代人も同じです。大きな花の力を感じます。私も花畑を歩いただけで心満たされる思いでした。
    今日は戸塚にお出かけですか。地区センターはどこだったかしら。戸塚のみなさま、今日は13時にお集りくださいね(^-^) 素敵な出会いがありますように。

    • 二宮 茂男 on 2015年10月15日 at 7:35 AM :

      恵さん おはようございます。駱舟さんは柳界次の時代の一端を背負われますね。私は、柳界の進次郎と思っております。ところで、今昔物語も、愛読書の一冊ですか。さすが。また、昨夕、主税みずほさんの「そくら草」等をいただきました。ありがとうございます。感謝です。更に、戸塚地区センターは、戸塚駅F1改札を出て左折、賑わう青物市場の先、共立病院の道向かいです。1階が図書館、2階が地区センターです。今朝も、ありがとうございます。今日一日も、有意義に。

      • 岡本 恵 on 2015年10月15日 at 7:45 AM :

        共立病院は私の生まれたところ。長女のお産の時にもお世話になりました。なつかしい〜!戸塚駅前は開発が進みましたね。

        • 二宮 茂男 on 2015年10月15日 at 8:10 AM :

          恵さん、そうですか。ご縁ですね。戸塚駅前は開発が進んでいますが、南口も北口にも、大きなバスターミナル。神奈川中央バスは、健在です。噂では、運転手さんが、自社の株主、ストをしたことがないとか。ところで、実家のお母様に、地区センターの句会に、ぶらりとおいでいただきたい。如何でしょうか。

  2. 佐藤 千四 on 2015年10月15日 at 6:55 AM :

    おはようございます。
    小泉進次郎氏、急がず欲張らずいいですね。党も檻の中に入れておきたいので苦労します。氏よ、将来の自分の姿がもう見えるでしょうがくれぐれも献金には気をつけてくださいね。農林部会に関連深い農相が矢面にいます。しかし、TPP関連とは党も苛め上手ですねえ。

    雑巾は父のお古を縫ったのか

    • 二宮 茂男 on 2015年10月15日 at 7:36 AM :

      千四さん おはようございます。進次郎氏、風貌も、言動も、お父さんそっくりですね。丹念に、雑巾がけをして欲しいと思います。党も処遇が大変と思います。そうそう、政治献金ですね。森山農相に献金疑惑、返したとか、返さないとか。もう始まりました。「雑巾は父のお古を縫ったのか」、変人にならなければ、政治家は務まりませんね。今朝も、ありがとうございます。素敵な秋をお楽しみ下さい。

  3. てじま晩秋 on 2015年10月15日 at 7:18 AM :

    茂男さん、おはようございます。

    小泉議員、先だって「まだです。雑巾がけします。」と言った時、おっ、若いのにいい言葉を知っているな―と感心してました。東日本大震災の被害地にもあしげく通っているのも含めて、将来性のある政治家のお一人と注目しております。(個人的には父上を越えて欲しいと期待しています。)

    • 二宮 茂男 on 2015年10月15日 at 7:43 AM :

      晩秋さん、おはようございます。三代目ですかね。七光りを感じさせません。小泉議員を応援して下さい。ところで、昨夜は、奥様の万歳でしたね。坂本、やりますね。原さん、こまめに、投手を替えて、逃げ切りました。今朝も、ありがとうございます。秋の一日をお楽しみ下さい。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K