Loading...Loading...

「今春、大学に進学する息子の引っ越しの見積もりを業者に頼んだら『4月上旬まで対応できない』と言われた」。福岡市の男性から特命取材班にSOSが寄せられた。調べてみると、深刻化する人手不足や働き方改革を背景に、今年の3月下旬~4月上旬は希望時期に転居できない「引っ越し難民」が大量に生まれる恐れがあることが分かった。物流業界では引っ越しを別の時期にずらす「分散引っ越し」を呼び掛けており、早めの対処が必要なようだ。「3月24日~4月8日の2週間は予約で埋まっています」。取材班が福岡市の引っ越しセンターに問い合わせると、オペレーターが申し訳なさそうに言った。国内大手も含め計8社にも電話をかけてみた。「早朝や深夜でも可」など時間帯を選ばなければ受け付け可能な業者もあったが、申し込みの本番はこれから。今後、企業などの人事異動の内示が本格化するほか、3月の国公立大学の合格発表が終われば、1人暮らしを始める新しい大学生が一気に予約を入れる。

●好待遇を求める運転手、引っ越し業者から宅配業者に流出
大手業者の広報担当者は「今年は異常事態。法人契約は断れないし、予約の受け付けはますます厳しくなる」。しわ寄せは個人の利用者に向かいそうで、大学の入学式までに引っ越しが終わっていない学生が出ることも予想される。なぜ、こんな状況になったのか。ある業者は「運転手不足を背景に昨秋、宅配大手のヤマト運輸と佐川急便が運賃値上げと労働条件見直しに踏み切ったのが大きな要因」と説明。好待遇を求める運転手たちが引っ越し業者から宅配業者に流出し、引っ越しのドライバーが不足気味になったという。さらに、長時間労働抑制などの働き方改革で、大手業者を中心に、今春の引っ越し受注を絞る動きがある。学生アルバイトもきつい仕事を敬遠しがちで、作業員集めに苦心する業者も多いという。福岡倉庫(福岡市)の引っ越しセンターの担当者は「需要増を見越してもっとドライバーなどを確保しておけばよかった。先を見通せなかった」と悔やむ。人件費確保などのため、繁忙期に料金を値上げする業者もあるという。私は平成5年(1993)3月24日に三島で内示があり一週間で仕事の引継書をまとめ暮らしの荷物を丸めて4月1日に小山に出勤しました。どうぞ今年は早めに内示をして下さいね。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。2月24日(土)の花は「オウレン」、
花言葉は「変身」。今日は①社民党大会(都内 25日まで)②公明党全国党代表協議会。私はいつもの店で腹ごしらえをして12時野毛地区センターで「くろしお」の学び合い。
ところで、みんな違ってみんないい川柳。今日は久保田元紀氏の句。

●病院の坂には白い明日ばかり    久保田元紀
(白い明日。灰色や暗黒でない「白い明日」と向き合う。限りある人生をどう納得して生きるか。まとめるか。私は今、エンディングノートを書いています。)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

俳優の大杉漣さんが21日に急死したことを受け、過去に大杉さんと共演した俳優仲間はもちろん、共演経験のない芸能人、サッカー関係者が続々悲しみのコメントをSNSなどで発表。大杉さんの誰にでも慕われた人柄が...「治療よりやはり予防の心不全」の続きを読む
国連児童基金(ユニセフ)は20日、シリアで続く「子どもに対する戦争」について、無言の「声明」を発表した。ユニセフのゲールト・カッペラエレ中東・北アフリカ地域代表は、声明の中で「殺害された子どもたちと、...「ユニセフが子らの惨状見て絶句」の続きを読む
戦後日本を代表する俳人で、前衛俳句運動の中心となり、俳句の可能性を大きく広げた朝日俳壇選者の金子兜太さんが20日、急性呼吸促迫症候群で死去した。98歳だった。埼玉県生まれ。旧制水戸高校時代に作句を始め...「兜太さん追いかけていくお~いお茶」の続きを読む
平昌五輪第11日ノルディックスキー・ジャンプ男子団体で、葛西紀明(45)、小林陵侑(21)伊東大貴(32)、竹内択(30)の4人で臨んだソチ五輪銅メダルの日本は合計940・5点で6位。2大会連続のメダ...「9度目の北京へ葛西熱くなり」の続きを読む
平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子があった16、17日、競技会場がある江原道江陵には、日本から団体や個人で多くの観光客が訪れた。韓国紙・朝鮮日報は「羽生特需」が起きたと報じた。五輪直前に開業した新名...「平昌が羽生特需に熱くなり」の続きを読む
将棋の中学生棋士・藤井聡太五段(15)は17日午後、朝日杯将棋オープン戦決勝で広瀬章人八段(31)に勝ち、史上最年少の15歳6カ月で棋戦初優勝を飾った。これまでの記録は、加藤一二三九段(78)の15歳...「聡太さまうちの中3まだ寝てる」の続きを読む

Post Navigation

 

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K