Loading...Loading...

●小型ヨットで米国西海岸から太平洋横断に挑戦した全盲のセーラー岩本光弘(HIRO・ヒロ)さん(52)が20日、ゴールの福島県いわき市の小名浜港に到着した。2月24日に米サンディエゴを出港し、健常者の米国人男性とペアで全長12メートルの「ドリームウィーバー号」を操作して無寄港で1万4千キロを航行してきた。

●日本視覚障害者セーリング協会によると、晴眼者(目の見える人)が風の向きなど状況を伝えながら、全盲の人がヨットのかじと帆を操る「ブラインドセーリング」での無寄港太平洋横断は世界初という。

●岩本さんは20日午前9時ごろ「ただいま。ありがとう」と手を振りながら入港した。TVニュースの笑顔は嬉しそうでした。おめでとうございます。

●絶望の果てに、ポジティブシンキングに辿り着き、人生を切り拓く全盲セーラー岩本さん。太平洋横断成功後は、生きる希望を見失った子どもたちにヨットの「体験学習」を行うのが夢だとか。

●「街角で白杖をついて歩いていると、手をかざしながら『祈らせてください。目が見えるようになりますように』と言われることがあります。そんなとき、僕は言うんです。見えるようになったら困るんです、って。僕はブラインドに自信を持って生きているから」と。

●岩本さんが視力を失ったのは16歳のとき。先天性の弱視だったが、活発な子どもだった。一つのことをやると止まらない。近所の子どもたちと遅くなるまで野球をした。魚釣りも大好きだった。地元の小学校も考えたが、両親が心配し、小学校から熊本県立盲学校に入った。家族と離ればなれの寮生活。長い休み明けは毎度泣いた。努力が実りました。

今日は4月21日(日)。今日がお誕生日の方、おめでとうございます。今日は①衆院補選=大阪12区、沖縄3区②エリザベス英女王93歳の誕生日。ところで、みんな違ってみんないい川柳。今日は添田星人氏の句です。

●上品な老い方病み方壊れ方    添田星人
(みんな違ってみんないい鑑賞それぞれお楽しみ下さい。)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

●政府・与党は、一定以上の収入のある高齢者の厚生年金支給額を減らす「在職老齢年金制度」廃止の検討に入った。政府は、意欲のある高齢者が働き続けられるよう制度改正する方針を打ち出しているが、在職老齢年金に...「年金は要らぬ働く高齢者」の続きを読む
●夫が妻と対等以上に料理を分担する割合が、日本は他国と比較して極端に低い。家庭料理に求めるレベルが高すぎることも原因の一つ。ある調査によると、既婚女性が夫に最も分担してほしいと思っている家事は料理だ。...「男性の令和前掛けよく似合い」の続きを読む
●人口の減少や節水によって使用量が減る中、水道管の更新費用が負担となり、経営悪化が懸念される水道事業。運営する自治体はいま、新たな危機と向かい合っている。経費削減のために自前で地下水を使う施設が増え、...「蛇口が細る水道のうまい水」の続きを読む
●16日も巨人の新打線に負け、セ・リーグ3連覇中の広島が4勝12敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。広島担当の田中昌宏記者は、巨人に...「「丸ロス」で気ロス赤ヘル青くなる」の続きを読む
●肥満は糖尿病や高血圧、脂質異常症など多くの病気の危険因子だ。食事や運動、薬などで治療するのがメーンだが、多くの人にとって体重を減らし、それを維持するのは難しい。非常に太っている人は胃を小さくするなど...「胃の一部切っても治したい肥満」の続きを読む
●「ご入学おめでとうございます。あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました」「その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが...「努力して報われぬ世へ立ち向かえ」の続きを読む

Post Navigation

 

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K