Loading...Loading...

台湾川柳会は先代の頼柏絃会長から、一年間の兼題表を配布しております。

なぜ一年間も?と頼会長に聞きました。曰く…..

年配の会員が、生きているうちに一年分をまとめて作りたいから……

誰ですか?とあえて聞きませんでした。ということで、台湾川柳会特製2016年間兼題表をブログ長屋の先陣たち初公開、一年間まとめて出句してくる方々、お待ちしております…

と言っても一月の句会は過ぎましたので、次回の1/31からでもどうぞ…^_^

スライド1スライド2スライド3スライド4



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

一年分生きてるうちに作ります”にコメントをどうぞ

  1. 上野楽生 on 2016年1月14日 at 10:10 AM :

    1年分をまとめて作るなんてすごいと思います。
    でも課題吟でもそうですが、雑詠はやっぱりその時の気持ちで作りたいです。
    僕は川柳は日記だと思ってるので、1年先の日記は書けません。
    だけど、台湾川柳会のカレンダーは楽しくて美しくて大好きです。
    届いたら必ず書斎の一番いい場所に貼っています。

    • 杜青春 on 2016年1月14日 at 11:22 PM :

      楽生師匠 コメントありがとうございます
      わたしも一年分まとめて作れません
      それでも当会年配の方や忙しい人はまとめて三四か月分を作るひとがいます、
      またよろしくお願い致します

杜青春 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K