Loading...Loading...

10月19日(月)、心地よい秋晴れの下、華やかに開催されました。

 141022 ブログ2

津田暹先生が開会のご挨拶をされました。

私はゲストとしてお招きいただき、「川柳のある毎日☆」と題して1時間の記念講演をさせて頂きました。日頃から川柳を愛する皆様方や大先輩を目の前にしての講演はちょっぴり緊張でしたが、最後までご清聴頂き、私の川柳に対する想いや活動をお話しすることができ、充実感を味わいました。みなさん本当にありがとうございました。

141022 ブログ3

141022 ブログ

今回の講演を企画してくださった江畑哲男先生とのツーショット。いつもお世話になり本当にありがとうございます!!スタッフの皆様もおつかれさまでした。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

第49回千葉県民芸術祭参加 千葉県川柳大会”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2014年10月26日 at 7:25 AM :

    記念大会ではすばらしいご講演を有難うございました。
    会場をすっかり魅了してくれました。
    拝聴していて、「ちょっぴり緊張」していた、とは思えませんでしたよ。
    自然で柔らかくよどみなく、語りかけるてくれるような60分間でした。
    映像もステキでした。
    参加者の評判はモチロン上々で、企画担当の一人として鼻高々です。
    そう言えば、
    「黙らせる鼻の高さは持ってない」(やすみりえ)が、近著『召しませ、川柳』(新葉館出版)の中にありましたね。
    今後とも、どうぞお元気でご活躍下さいますように。

    • やすみ りえ やすみ りえ on 2014年10月26日 at 8:52 PM :

      江畑哲男さんへ
      身に余るお褒めの言葉、どうもありがとうございます。恐縮至極です!
      またいろいろご一緒させてください。

  2. ハリー on 2014年10月26日 at 5:32 PM :

    やすみさんの記念講演、私も拝聴したかったですね。
    いつものような柔らかい語り口で、人の心にす~っと入ってくるような独特の雰囲気、そして熱のこもった話だったんでしょうから、皆さんが真剣に聴かれるのも分かりますよ。

    • やすみ りえ やすみ りえ on 2014年10月26日 at 8:59 PM :

      ハリーさんへ
      ありがとうございます。
      講演は、観客のみなさんの作ってくださる良い雰囲気によって、私の拙い話しも助けられているような気がします。今回も客席の皆様にただただ感謝なんです☆

やすみ りえ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K