Loading...Loading...

 元旦の楽しみは朝から酒が飲めることであろうか。それ以外の364日は、朝から酒を飲むようなことはしない。厳密に言えば若い頃は温泉宿などで偶にそういうことをしていたかもしれないが、そんな記憶も遠い過去の話しである。
 さて現在60歳半ばの自分が正月について無性に思うことがある。それは、昭和の時代の正月が懐かしいのである。正月の三が日、お店などはどこもやっていない。家族で出かけるのは近所で済ます初詣ぐらい。そんな昔の長閑さがどうしようもなく懐かしく感じられる。
 川柳六大家の一人である前田雀郎に「榴花洞日録」(昭和12年2月28日発行)という句集がある。雀郎が生前発行した唯一の句集である。タイトルに日録とあるとおり、1月から12月までの1年間、季節を追ってに詠んだものが載っている。最初の方をいくつか記してみたい。
  屠蘇の座にきのふ思へば遙かなり
  古きものゝ閑かさ見たり松の内
  正月も三日の寒き夜となり
  暖かさ凧の影置く屋根瓦
  松取れて春冴えかへる朝の水
  正月に倦きると齢を一つとり
 昭和の時代に今更戻りたいとは思わないが、齢を重ねるとどうしても昔を懐かしむことが多くなってくる。その当時がよかった、いい時代であったとは決して思わないのに、それは充分承知しているのに、どうしてもほのぼのとしたこととしてそれらは思い出される。老いてくると遠い記憶がすべて穏やかなものに変換されているのかもしれない。だから、こういった雀郎の句を読むと、時代は更に遡る情景ではあるのだが、すんなりと私の心に響いて馴染むのである。
 正月に朝からお屠蘇を飲む。お天道様が昇り始めて明るい日差しが入る部屋で静かに酔いが回り、つまらぬことを思い出したり、忘れていた昔の記憶が甦ったりする。めでたさの中にも、そんな断片的な時間が毎年の正月にはある。

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

屠蘇の酔い”にコメントをどうぞ

  1. 橋倉久美子 on 2021年1月1日 at 10:44 AM :

    あけましておめでとうございます。

    子どもの頃のお正月は、何か特別でしたね。
    基本的に早寝早起きの家だったのですが、3が日だけは遅くまで家族で花札をしたりして(それでも起きる時刻はそれほど変わらなかったかも)。
    正月に限らず、世の中全体にもっとメリハリがあったのかもしれません。
    社会も変化しましたが、私自身も、体力、気力ともに、イベントよりも平坦な日常の方がいいという性向がますます強くなりました。

    • 三上 博史 三上 博史 on 2021年1月2日 at 8:13 PM :

      ありがとうございます。
      正月ぐらい、スマホを使わない生活を送りたい気持ちです。

  2. 月波与生 on 2021年1月1日 at 5:28 PM :

    あけましておめでとうございます。

    コロナ禍のため千葉に住む次女が帰省できず長女宅で正月を過ごすということで
    我が家も三十年ぶりくらい?に子供がいない正月となりました。
    不自由なことはまだまだ続きそうですが、このような時こそ川柳に慰められる人も多いかと思います。出来るうちは出来る以上のことを考えてやっていきたいですが、さて。

    本年も宜しくお願い申し上げます。

    • 三上 博史 三上 博史 on 2021年1月2日 at 8:16 PM :

      ありがとうございます。
      与生さんの川柳に対する意欲については、いつも脱帽状態です。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K