Loading...Loading...

彦星に恋はまさりぬ天の河へだつる関を今はやめてよ  伊勢物語 第九十五段

織り姫を想う彦星よりも
私があなたを想う恋心はまさっているのです
織女との間を隔てる天の川のような
物越しにしか逢おうとされぬ隔ての関を今はとってください

『この歌にめでて逢ひにけり』ということで
歌の力のどれだけ大きなことかと感じます

ちなみに『やめてよ』は
今風のやめてヨ〜ではなくて
古文の文法の上での命令形ということでした

なかなかに逢えないからこそ募る想いもある
それは千年たっても変わらない人の心です

地球の反対側にいたとしても
まるで目の前にいるかのように顔を見ながら話のできる時代には
かえってそんな風に静かに育む気持ちは
育ちにくいものでしょうか

大切な人が思いに浮かんで
便りをしたくなる文月です

天の川泳いでくればいいじゃない   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 文月”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2012年7月1日 at 5:43 AM :

    おはようございます。
    彦星に恋はまさりぬ天の河へだつる関を今はやめてよ  伊勢物語 第九十五段
    青春の日々を昨日のように思い起こしました。私も、肉筆の手紙を沢山書きました。大切な、大切な一ページです。文月もインターネット時代で、様変わりですが、めぐみさんに触発されて、大切な方へ暑中見舞いを書いてみようかな。ありがとうございました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年7月1日 at 8:06 PM :

      織り姫と彦星のころに携帯電話やメールがあったら
      また違った展開の伝説になっていたかもしれません
      うれしいお便りをいただくと
      不思議とその人の声が聞こえて
      笑顔まで浮かんでくるような気がしますね
      心の中ではいつでも今が青春と思っています

  2. このみ on 2012年7月1日 at 7:15 AM :

    そういえば昔はものすごい手紙魔でしたね
    小学生のころから文通を始め二人目の子供が生まれたころまであらゆる友人に手紙を書きまくっていたので手紙魔歴は25年間くらいでしょうか
    それからは一切書いてないといっていいです(いつも極端なワタクシです)
    でももともとマメな性格なのでひとつのことに夢中になると馬鹿みたいに一直線です
    デジ川柳も今月で丸3年になりますがコメント数がもうすぐ10000になります
    10000のコメントをいただいているということは私も同数書いていることですものね。自分のマメさに改めてあきれるというか感動です

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年7月1日 at 8:11 PM :

      たくさんの人が
      このみさんの作品に目を留めているのですね
      発表のしがいもあるというものです
      マメで一直線って素晴らしい!
      私はあちらこちらに気を取られて
      なかなか集中できない悲しい性格です・・・(T T)

  3. このみ on 2012年7月1日 at 8:50 PM :

    才能豊かで多種多様に反応できるデリケートな心の持ち主

    おばさんの私とはぜんぜん違います

    めぐみさんは本当に素晴らしいです♪

  4. AKK on 2012年7月2日 at 8:23 PM :

    天の川泳いでくればいいじゃない   めぐみ

    いいですねぇ
    たのしいですねぇ

    そんなめぐみさんから
    思いに浮かぶ大切な人になって
    御文などいただいてみたい文月です

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年7月3日 at 6:35 AM :

      早速にお便りをさせていただきますね
      脇息にもたれて物思いにふけっている姿も良いものですが
      まっすぐに自分に向かって泳いでくれる人 いいですねぇ
      タイムは問いません
      たどり着いてさえくれたなら!

  5. いそこ on 2012年7月2日 at 8:44 PM :

    はじめて天の川を見上げたとき、図鑑の中の白い網掛けで表現された小川のイメージとは全く違う、まるで天界の大河のように感じたものでした。そして、雄々しくはくちょう座がひろがり、デネブが輝いていました。やはり一年に一回しか逢いに行くことができない困難なばしょなのだなあ と思ったのですが・・・・・・・
     泳いで逢いにきてくれる彦星は、きっと日焼けして筋肉の割れているのアスリート!!!!  ちょっといいかも。   

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年7月3日 at 6:36 AM :

      今は地球が明るすぎて
      残念なことに天の川といっても
      前よりも暗くなってしまいましたね
      見えなくてもそこにあることは
      かえっていいなとも思うのですが
      泳いでもいいし飛んでくるという手もありますよね

  6. AKK on 2012年7月4日 at 11:30 AM :

    過去を美化する傾向ではありますが、いそこさんのいうとおり。子どもの時に夜空に見えたのは確かに Milky Way でしたね。半世紀ほど昔のことですが・・・
    星のつぶつぶが集まっていると言われても、あの白い帯は天空の河にしか見えませんでした。いくら省エネでもLEDをならべて作るような無粋なことはせずに、夏の夜にみんなで電気消してみたらどうでしょう。そして、一年に一度の二人の逢瀬を覗いてしまおう。おじさんちょっとフキンシン!

    源氏物語の中にも、昔は良かった、今は乱れていると何度も出て来ます。過去ばかり振り返るのは止しにして、すぐにその素晴らしかった過去になる今を、生きていこうとするお年頃の私です。

    • めぐみ on 2012年7月4日 at 5:45 PM :

      Milky Way とはうまく言ったものですね
      今ではどこへ行ったら
      天界の大河のような星空をみられるのでしょうか

      すぐに過去になる今・・・ほんとにそうですね
      星の明かりにしても いったいいつのものなのかと思うと
      宇宙の大きさに圧倒されてしまいます
      AKKさんも良きお年頃ですね

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation


江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K