Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
「尾藤三柳師を偲ぶ川柳筵」を4日、東京・上野精養軒にて開催いたしました。
北海道から関西までたくさんのご参加、まことにありがとうございました。
お天気にもめぐまれて、良い1日となりました。
心より厚くお礼申し上げます。
川柳マガジンでも、改めて報告いたします。

精養軒

精養軒02

会場

尾藤三柳先生

尾藤三柳先生の(ほぼ)等身大パネル。ご自身の句碑と。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

御礼。”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 on 2016年12月5日 at 6:52 AM :

    そうそう、会場入り口の等身大パネルにはビックリしました。
    三柳先生が聳え立っていたからです。
    まさしく、長(たけ)高き先生でした。
    有難うございました。お世話さまでした。

    • take take on 2016年12月5日 at 2:43 PM :

      江畑 哲男 先生

      いつも大変お世話になっております。
      超ご多忙のなか、ご参加いただきありがとうございました。
      長高き、教えて頂いたこの言葉は忘れないと思います。
      入口のパネル、本当に先生が立っていらっしゃるような威厳がありました。

      小誌12月号で最終回となりました「川柳文法力」の長らくのご連載、
      おかげさまをもちまして、愛読者の皆様から大きな反響をいただきました。
      あらためてお礼申し上げます!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K