Loading...Loading...

銀座

こんばんは。銀座が似合う都会の女、タケです。
(ナントカ銀座じゃないですよ)

本日午後から、お世話になっている「川柳研究」さんの校正会議で新橋へ。
帰りに銀座の文房具店に立ち寄ったのですが、そういえばもうすぐクリスマス。

銀座だと、何てことない普通の道までオシャレに見えます(笑)
でも、支社のある巣鴨のイルミネーションのほうが派手ですよ( ̄^ ̄)
…駅前の2本の木だけですけどね。
こんど証拠写真、アップします☆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

ナントカ銀座。”にコメントをどうぞ

  1. 加藤 鰹 on 2015年12月5日 at 5:31 AM :

    さすがtakeさん、写真の撮り方(目のつけどころ)が素晴らしいですね。上久保君もそうだけど、こういった「何気ない景色」「見落としがちなアングル」を発見するのが上手なんです。

    もうすぐクリスマスですね。この歌をtakeさんに贈ります

    「クリスマスソング唄うように」中島みゆき

    ひと晩の雪に騙されたように 街は突然に優しくなる
    急に慈悲深くなった人々と そして変わらずに すげない貴方

    クリスマスソング唄うように 今日だけ愛してよ
    暦変われば他人に戻る

    クリスマスソング唄うように 今だけ愛してよ
    雪に浮かれる街のように

    • take take on 2015年12月5日 at 6:19 AM :

      鰹さん

      おはようございます、早起きですね(^^)
      上久保さんは、「かつぶし」やブログのお写真を撮られたカメラマンさんですね。難しいことは分かりませんが、すごくいい写真だと思います。とくにブログのプロフィール写真が好きです。

      私も未熟な腕ながら、特に強く印象に残っている被写体の川柳作家が過去に何名がいらっしゃいます。お一人は加茂如水先生で、その昔、雑誌の企画で一日密着取材をしたことがありました。本当にフォトジェニックな先生で、いつどの角度から撮っても格好いいんです♪
      最後に行きつけの飲み屋さんで常連さんと一緒に撮った写真を気に入ってくださったので、引きのばして先生にお贈りしたら、そのお店に飾って頂いたとのこと。もうないと思いますが、よい思い出です。
      最近では、倉間しおりさんが印象に残っています。海で撮影したのですが、時間を忘れるほどのめり込んで撮影している自分に気がつきました。非日常な海というシチュエーションがテンションを上げていたこともありますが、存在自体がキラキラしているというか、若さゆえの危うさとか、とっても眩しかったんです。
      鰹さんの海での笑顔も、キラキラで輝いていますよね☆

      クリスマスソング、ありがとうございます。中島みゆきは2~3曲くらいしか知らないのですが、聴いてみますね~(^^) 

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K