Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
川柳作家の皆様の中には、イベント続きで川柳三昧のGWを過ごした方もいらっしゃったと思います わたしはと言いますと、2日ほどゆっくりお休みをいただきました。出張もあったので、遠出はできませんでしたが、リフレッシュできました

一本の木
    こんなところにも行きました

橋 小さい滝 ししまい
 森の中の小さな橋、小さな滝があって、獅子舞が近くまでやってきました

池 
解放的な景色の中、お抹茶を優雅にいただきました ホホホ…

つつじ
ツツジがきれいな藤代峠をのぼります
35メートルの登山を楽しみました

ここは六義園(りくぎえん)、徳川綱吉の側用人・柳沢吉保がつくった大名庭園です。会社から徒歩5分の場所にあります。自然が恋しくなったら、ときどき歩きにいきます。まさに都会のオアシスですね

にゃっぽり
そのあと山手線・日暮里駅のゆるキャラ(?)「にゃっぽり」と

谷中ねこ
谷中ぎんざの「夕やけだんだん」(=商店街入口階段の愛称)
の猫に会いにいきました

ナナちゃん人形
5日は名古屋にワープして、名鉄百貨店前ナナちゃん人形にごあいさつ
身長は約6メートルあるそうです

書店
名古屋城をみたあと、愛知川柳作家協会さんの大会にお邪魔して
市内の書店営業へ
往路は朝6時10分すぎの東京発新幹線、帰路は最終便で戻りました。
さすがにグッタリしましたが、充実の1日でした☆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

いつもの編集部へ。”にコメントをどうぞ

  1. 青山 南 on 2015年5月8日 at 7:21 PM :

    マイタケさん今晩は!
    今は愛称はタケゾウさんに変わられたのでしょうか? 日暮里駅が懐かしいです。学生時代の乗降駅がここでした。5年ほど前チラッとお話させていただいたかと思いますが、谷中銀座の夕やけだんだん、半田浩二さんの”日暮里挽歌”にも出てきます。今はもうこのお店はないでしょうが、休日のお昼は谷中銀座の”長春”でよく餃子ラーメン、野菜炒めライス、などを皆で食べた、良きあの時代の事が思い浮かんできました。いつも男性営業マン勝りの、お仕事ぶりには感心をさせられています。まずは、健康が第一ですので、お身体には十分お気をつけいただきたいと思います。

    • take take on 2015年5月8日 at 10:38 PM :

      青山 南さん

      こんばんは、コメントありがとうございます☆ 社内ではタケゾウと呼ばれていますが、マイタケでもタケでもマイク(これはお一人だけですが)でも、何でもうれしいです(^^) 日暮里は南さんの青春の地なんですね。いまはお洒落なカフェや雑貨屋が増えて、昔とだいぶ雰囲気もかわっていると思いますが、今でものんびり散策するにはもってこいの場所です。猫にやさしい商店街というのも気に入っています(^^) 毎週のように大会がつづくこのシーズン、バテないように乗り切りたいと思います☆ いつも応援ありがとうございます(^^)/

  2. 竹内いそこ on 2015年5月8日 at 9:33 PM :

     マイタケさん こんばんわ
    ゴールデンウイークの半分は出張でしたか。
    相変わらずのハードスケジュールでしたね。
    お疲れさまでした。
    名古屋駅のナナちゃんは白いファッション、初夏のよそおいになっているんですね。

    • take take on 2015年5月8日 at 10:45 PM :

      竹内いそこさん

      こんばんは~ 後半に出張が入ったとはいえ、5日を除けばハードではありませんでした(^^) やり残した宿題を終わらせたり、ゲラをチェックしたりとデスクワークが主です。もともとノンビリした性格ですので、世の中が長期休暇だと、仕事までノンビリしてしまってダメですね(笑) ナナちゃん人形、そうなんです。長~いおみ足を見せつけて、さわやかな夏のお嬢さんになっていました。お目当ての店が激混みで、今回はミソカツではなく、ラーメン(しかも東京ラーメン…)にしてしまったことだけが悔やまれます(笑)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K