Loading...Loading...

秋田報告につづいて連投失礼します、の東京のタケです。
二宮茂男先生がブログでご案内している最新刊「ありがとう有り難う」が
26日の読売川柳大会当日、皆様の前でお披露目となりました(^^)/

ありがとう有り難う

とっても素敵な句集です。ぜひ皆様もお手にとってくださいね(^^)/
近いところでは、11月3日開催の「川柳文化祭」(都内)に持参する予定です。

さて先週アタマに、久々にM岡女史と(鬼の)S編集長が東京に出張。
永田町近くの国立演芸場にて講談師・一龍斎貞花先生主催のチャリティー寄席が
開催されました。

国立演芸場

小社刊行「幸せの風を求めて」「いばりんぼうのカメ」(西まさる氏著)
の主人公、榊原亀三郎の創作講談をじっくり堪能しました。
最後は、M岡女史がプレゼンターとして花束を貞花先生に

イタリアン

支社の最寄り駅に戻ってから、まずガッツリと夕食。
その後は、駅前のイタリアンで脱線多々ながらも仕事の話。
変わったビンに入った、なんちゃらカシスオレンジが美味しかったです。
なんだかんだと、夜中の2時半とか3時まで会話とぎれず(^^;)

翌朝「9時に集合な」「マジですか~?」と言い出しっぺのS編集長が
一番最後に店にやってくるというオチで、コーヒー飲みながら朝イチ会議。
(↑ 普段の仕返し
ハイ、夜がエンドレスなぶん、朝にとても弱い編集部チームです
成果があったのかなかったのか、14時過ぎに解散となりました(^^;)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

新刊と講談とイタリアン。”にコメントをどうぞ

  1. 岡本 恵 岡本 恵 on 2014年11月4日 at 7:26 AM :

    二宮茂男先生の「ありがとう有り難う」のご出版を、心からお喜び申し上げます。読み返すほどに茂男さんのお人柄が偲ばれて宝物の一冊になりました。編集部さんとしては、いい本はもっともっとたくさんの人にPRをしてほしいなぁと思います。
    表紙のダリアの花言葉は「ありがとう」なんですね。暖かな一冊を世に出して下さってありがとうございます。

    • take take on 2014年11月4日 at 3:01 PM :

      岡本 恵さん

      こんにちは、いつもお世話になっております。二宮先生の「ありがとう有り難う」、たびたびブログで紹介いただき、ありがとうございます(^^) 先生は26日の読売川柳大会の参加者の皆様にプレゼントされ、WEBで解禁になり、私ども取材班でも昨日お邪魔した都内開催の川柳文化祭で句会大会デビューとなりました。川柳マガジン誌上でも、今後PRに努めてまいります。
      ダリアの花言葉に気がついていただき嬉しいです。二輪あって「ありがとう有り難う」です☆ 二宮先生と奥様、ととっていただいてもいいですね(^^) 先生の温かい心に通じるデザインを、と思ってデザイナーと試行錯誤しました☆ 

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2014年11月5日 at 2:28 PM :

    麻衣子さん、お世話になります。3日、文化祭川柳大会は、急遽、預かっています、3人の孫の夕食のことで、気が気ではなく、そうそうに、帰宅でした。大変、失礼しました。今後とも、よろしく、お願い致します。

    恵さん、ご支援、ありがとうございます。感謝。

    • take take on 2014年11月5日 at 6:39 PM :

      二宮茂男 先生

      いつもお世話になっております。3日の文化祭では、ありがとうございました。先生がいらっしゃる効果でおかげさまを持ちまして、数冊売れました(^^) 読売さん大会結果のメールも早速ありがとうございます。M様よりもご丁寧な資料をいただきました。どうぞ、よろしくお伝えください。12月号にて記事掲載予定です。

  3. 杜青春 on 2014年11月8日 at 1:42 PM :

    takeさん 先日野田の大会でお世話になりました。ありがとうございます。
    さて、ブログで言及された講談師の一龍斎貞花師匠、実は台湾ともご縁のあるお方で、来る11/20(木)台北で講談会が行われます。出し物も「国姓爺鄭成功」。
    わが「近くて近い台湾と日本~日台交流川柳句集」(ついでに宣伝…^_^)の第三章も川柳国姓爺…..と少々こぎつけですが、なんとまぁ~不思議なご縁と感じました。
    新葉舘で一龍斎貞花師匠と行く台湾ツアーを企画されたらいかがでしょう。

    • take take on 2014年11月9日 at 12:44 AM :

      杜青春 様

      いつもお世話になっております。こちらこそ野田ではありがとうございました。
      貞花先生が台北に20日に行かれるとのこと、しかも「国姓爺…」とは何か偶然とは思えないものを感じます(^o^) もしお会いになられる際は、どうぞよろしくお伝えください。不思議でうれしいご縁です☆ 台湾ツアーですか…(鬼の)上司に相談してみます(^^;)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K