Loading...Loading...

こんばんは、スマホが故障し、慣れない代替機を使用中のタケです。
東京は2時現在、いくぶん風雨がおさまっているような気がします。
どうぞ皆様、くれぐれもお気をつけください。

4日(金)は柳多留250年イベント 朝顔川柳句会で都内台東区、5日(土)は第28回岐阜県川柳作家協会川柳大会、6日(日)は柳都全国川柳大会で新潟に行ってきました。久々の3日連続大会、さすがにヘトヘトになりましたが、楽しかったです

13日は第32回東北川柳連盟川柳大会(福島県川柳大会、郡山市民川柳大会兼)が福島県郡山市で開催され、お邪魔する予定です。

夏から晩秋までは、編集部が1年でもっともアクティブ?になる季節。
たくさんの出会いを楽しみにしています。

かれこれ何十回とわたった新潟市の万代橋。川向こうのピンクの建物が、第1回川柳マガジン川柳大会を開催した新潟グランドホテルです。

かれこれ何十回とわたった新潟市の万代橋。川向こうのピンクの建物が、柳都全国川柳大会の会場である新潟グランドホテル。第1回川柳マガジン川柳大会も、こちらで開催しました。

10日は都電に乗ってきました。

10日は都電に乗ってきました。

さて7月号の川柳マガジン(2~3頁)で詳しくご案内している通り、川柳マガジンクラブでは全国で開催しているクラブ句会に加えて、「生涯学習・川柳文化講座」をスタートします。講師は、先日ブログを開設された尾藤一泉先生です。

第1回目は、8月4日の第1月曜日13時半~16時半、東京都北区「北とぴあ(ホクトピア)」808号室(8階)にておこないます。
テーマは「自分でデザインして彫る、オリジナルの雅印」講座です。

要するにオリジナルのハンコを作ろう、という楽しい実技体験です。
お近くの方、もちろん遠方からのご参加も大歓迎☆ お待ちしております!

少し分かりにくいのですが、7月号の巻末「読者柳壇」投句用紙ウラに申し込み用紙がございますので、よろしければ、ご投句と一緒にお申し込みください(^o^)

出来はともかく図画工作大好きの私タケ隊員はもちろん、主催者であるM岡女史自身も生徒として受講したいと熱望しているくらいです(笑)。

「川柳マガジンクラブ」と名乗っているものの、各地のリアルクラブ句会と同様に、川柳マガジンクラブ会員さんだけでなく、もちろんどなたでも大・大・大歓迎です。クラブ会員さんは優待割引がありますよ(^^)

ちなみに第2回は「絵手紙講座」9月1日・月)、第3回は「色紙・短冊の実践講座」10月20日・月)です。場所と時間は同じです。近くなりましたら、またご案内しますが、今からカレンダーにチェックお願いします☆

以上、編集部からのご案内でしたm(_ _)m



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K