Loading...Loading...

年中どっぷりと川柳に浸かっている私たちですが、川柳マガジン編集部の(数少ない)オキテのひとつに「自作を公の場で発表するべからず」があります。

記者であり編集者なのですから当然ですが、本音を言えば、作る前に白旗をあげていると言った方が正しいです。屁理屈をこねて「じゃあ、頭で勝手に作って楽しむにはいいんだろう」と抵抗するスタッフももちろんいません(笑)。

ところが先日、友人の結婚パーティで思わぬ事件がありました。川柳の雑誌社で働いていることを知る仲間が「川柳でお祝いのメッセージよろしく」と言うではありませんか(^^;)。

「私は作れないから」と断るのですが、せっかくのおめでたい雰囲気をコワしてKYと言われるのも嫌で、祝吟モドキを作らざるを得ない状況に…。正直、背中にイヤーな汗をかきました。

もちろんココには書きません、いやとても書けません(笑)。
もうしません、ゴメンナサイm(_ _)m
M岡女史とS編集長にはくれぐれもご内密に…。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K