Loading...Loading...

いつもこんな風に、上に何かかぶせているわけではありません・・・。

この日は特別寒かったんですよー (←言い訳)

自分ではほったらかしのつもりですが、周りから過保護といわれます。

 

3月は自分の誕生月でもあるのですが、本当にいろいろなことがありました。

とくに11日を境に、環境も考え方もガラリと変わってしまいました。

行方不明の友人のご両親は、まだ見つかっていません。

直接被災していない自分でさえ、毎日のように震災に関連した夢をみます。

吉川雉子郎こと英治は、『草思堂随筆』で「わたしたちばかりでなく、あの震災に遭った人々は、すべて転機に立ったのだ」と書いています。

英治が被災したのは、大正12年9月1日に起こった関東大震災。この時を境に、英治は川柳と訣別し、大衆作家の道を歩みはじめます。

今回の震災が、日本の転機であることは間違いありません。

私自身、前を向いて歩く力を身につけたいと強く思っています。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K