Loading...Loading...

 ファイル 571-1.jpg ファイル 571-2.jpg

「川柳マガジン」10月号をご覧いただいたと思いますが、川柳250年記念・新万句合の入賞者が発表されました。

優勝の柄井川柳大賞は、

   拾われた出窓の猫の日向ぼこ  

大阪の小島百惠さんの作品です。
この句をみて、すぐウズラのことを思い浮かべました。

ガリガリの小さな体でビルの階段をのぼり、必死に生きようとしていたウズラ。彼に会ったのも何かの縁と、新しいパートナーに決めた私。

これからも、無防備なウズラの寝顔を見るたびに、この句を思い出すことになるでしょう。

やんちゃで気ィ強くて大食漢なウズラ君、これからもよろしくね。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K