Loading...Loading...

 ファイル 982-1.jpg ファイル 982-2.jpg

 先日、「手前みそ」という名の味噌料理屋さんに行ってきました。

 ここで思わず注文してしまったのが、「岡崎八丁味噌ラガー」。いわずもがなの愛知地ビールです。

 見た目は黒ビールなのですが、確かに香る八丁味噌の香りと後味で、なんとも不思議なビールでした。
 原料をたどれば麦(ビール)と大豆(味噌)なのですから、合わないわけはありません。味噌をつまみにする手間が省ける、という捉え方もできなくはないですね。

 ただ、味噌の香りも味もするのにしょっぱくない、というのはなんだか訳がわからないものです。
 首をかしげながら飲んでいたら1瓶空いて、2本目は頼まなくてもいいかな、というような感じ。もしくは繰り返し飲んでいたら癖になりそうだけど、繰り返しは飲まないかな、という感じでありました。
 政治家風に言えば、「おいしいと言うには多少の問題をはらまぬわけではないが、まずいという立場を取るには熟慮が必要」。ここまで畳み掛ける必要はないんですが、本当に不思議な味だったのです。

 とまれここは串焼きや煮込み料理が主体の気取りないお店で、締めにはお味噌汁がいただけて、大満足でした。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K