Loading...Loading...

こんにちは、東京のタケです。

土曜日は、川柳きやり吟社さんの句会へ。

おいしい野菜を作っているS先生から、立派なヤツガシラをいただきました(^^)

ソフトボールより大きなサイズでビックリ (゜ロ゜屮)屮  ←昔、ソフト部にいました。

もう少しゴツゴツしているのを想像したのですが、きれいな球体でした。

自分で調理するのは初めてです。あらかじめ、先生から1㎝の輪切りにして、

白だしで弱火でじっくり煮たら最高だよと聞き、帰宅するなり台所へ直行…

はい、食いしん坊です(笑)

いやー、おいしかったです(*^_^*)  S先生、ありがとうございました☆

       〇

「川柳は文芸?」と、某先生から唐突に聞かれました。

文芸って何? 川柳とは? 

常にぐるぐると頭の中で考えていることです。

「これだ」と、自分も聞いている方も納得ができる説明ができるまでに、

あとどのくらい時間がかかるのでしょうか。

勉強しなければならないことが多すぎて、でも時間が足りなくて。

ヤツガシラのように、頭がたくさんあればいいのですが。

(↑ と、無理やりくっつけてみる)

・・・川柳は、奥が深いですネ。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

8つのアタマ。”にコメントをどうぞ

  1. Suzi Leavens(石口 玲) on 2014年4月23日 at 6:54 PM :

    勝手な、独断偏見理論かもしれませんが
    これが私の自論です

    【落語】は江戸庶民から引き継がれた日本人の
    言葉の芸術で文化

    【川柳】は江戸庶民から受け継がれた日本人の
    文字の芸術で文化

    • タケ on 2014年4月24日 at 1:42 AM :

      Suziさん こんばんは、いつもお世話になっております。ブログへのご来訪ありがとうございます☆
      「女70歳のアメリカ一人旅」のあとがきにも書かれていた一文ですね。勉強になります…! ありがとうございますm(_ _)m

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K