Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。

「川柳のことなら新葉館出版」という看板のもと、皆様にご指導いただいていますが

実は、けっこう短歌との縁も深いShinyokanです。

歌誌では現在、『短歌春秋』さんに大変お世話になっております。

いつもありがとうございますm(_ _)m

歌集のご出版のお手伝いもさせていただく機会にも恵まれて、

短歌からも大いに刺激を受けているありがたい毎日です。

そんな中、「川柳マガジンクラブ東京句会」に何度か参加いただいたご縁で

「かばん」という歌誌の編集長・飯島章友さんからご恵贈いただく機会を得ました(^^)

「歌人集団かばんの会」さんの発行です。

B5判のとってもスタイリッシュな作りです。

お顔のとても広い飯島さん、「ジャンルの越境」を実践されて

「かばんも五七五」というコーナー等で、川柳や俳句、十四字詩などの作家と

誌上で積極的に交流されています。

そして、やすみりえさんのブログでも紹介されていたように

6月号では、やすみさんと飯島さんとの対談が掲載されています☆

写真の一番手前は、「30周年記念会員作品集」です。

5月に「ふしぎなかんばんを携えて」という記念イベントを開催されました。

おめでとうございます(^o^)

川柳界にも飯島さんのような若い世代の作家がもっともっと増え

結社の会員の高齢化や後継者不足による存続の危機など

以前から問題になっていることが、少しずつでも解決に近づくために

小誌も総合誌として引き続き、力を尽くしてまいりますm(_ _)m



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

刺激。”にコメントをどうぞ

  1. 高杉千歩 on 2013年7月4日 at 5:58 PM :

    文月に入って天候不順、急な大雨、重い空..

    益々お励みのブログ! 有難うございます!

    ご無理なさらないで! つぎの世代に乾杯!

  2. タケ on 2013年7月6日 at 8:21 PM :

    高杉千歩さん

    梅雨明けしたとたんに猛暑猛暑の関東でした(^_^;)
    こちらこそ、いつも温かいコメントありがとうございます☆
    明日は新潟にいってまいります(^^)/

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K