Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。

時間が空いてしまいましたが、気にせずに続きです(^_^;)

 

大会会場の青森市文化会館を下見したり、面白そうな路地を歩いてみたりと

ブラブラしているうちに15:00になり、ホテルにチェックイン。

太陽も出て気温も上がり、歩き回ってすっかり汗まみれになったので、

シャワーでさっぱりしてから、17:00前に前夜祭会場(青森グランドホテル)へ。

青森駅周辺(ホテルの部屋から撮影)

 

右奥が「ラブリッジ」、右手前の赤い建物が「ねぶたの家 ワ・ラッセ」

 

前夜祭には370名が出席されたとのこと。

会場がせまく感じるほどの熱気でした。

こんな感じ ↓

 

そんな中、うれしいうれしいニュースがありました☆

阪本高士先生の川柳句集「第三の男」が第6回川柳文学賞を受賞!

小社刊行です! ありがとうございます( ´艸`)!!

阪本先生、おめでとうございます☆☆☆

 

そして会場にラッセラー、ラッセラーが響きわたります

 

あれ? 真ん中のハネトはもしかして・・・A・M先生?

あれ、いつの間にかO・F先生や、S・R先生まで!

ステージは最高潮に盛り上がりました☆

(お顔モザイク失礼します)

 

興奮さめやらぬ中、次の飲み会にお声がけも頂いたのですが

バスであまり寝られなかったせいでフラフラなタケ。

ここは、軽くご飯を食べて明日に備えて寝ようと思い立ち

会場近くをぶらぶらしていたところ、

いかにも酒飲みオヤジが好みそうな、お店を見つけました♪

未だに信じられていませんが、お酒はほとんど飲めません。

なので、こういう渋いお店でチビチビ日本酒を飲むことに

ひそかに憧れていました(笑)

女将さんが一人で切り盛りされているらしく

他にお客さんもいなかったので、思い切って暖簾をくぐりました。

一人で飲み屋さんに入るのは、これが初めてかもしれません。

でも注文したのはお酒ではなく、ガッツリ煮魚と白いご飯ですが(笑)

やけに落ち着く居心地のいい店内。

 

川柳のことなどを女将さんと楽しく話していると、男性4氏が来店。

さきほど前夜祭でお会いした川柳作家の皆様でした~(笑)

O・Sさん、S・Yさん、K・Sさん、I・Tさん、ありがとうございました(^^)/

一気に賑やかになった店内、出張先の出会いって楽しいですね。

「身欠きニシンの味噌和え」というのを初めて頂きました。

美味しかったです(^^) 

おつまみには最高でしょうね(飲めないけど・・・笑)

ショウガの効いたおでんも美味しかったです♪

 

大会当日の翌朝は8:00にホテルロビーに集合。

T・Sさんのご厚意で、会場まで車をご一緒させて頂きました。

新葉館の書籍販売コーナーは2階ロビーに設置。

今回ひとりでの出張のため、かなりバタバタオロオロしていたところ

よっぽど、ドンクサかったのでしょうね・・・(^_^;)

地元の川柳作家の皆様が、お力を貸してくださいました(T_T)

K・Aさん、S・Mさん、T・Kさん・・・

本当にほんとうにありがとうございましたm(_ _)m

心より感謝しております!

 

 

会場の様子 ↓  658名の当日参加者でした。

 

ところで、帰路にまたまたちょっとしたハプニングがありました。

新幹線で東京まで帰ることになり「青森駅」で切符を購入、

45分ほど時間があったので、悠長に駅前のお店に入っていたところ

新幹線が「新青森駅」から出ることをすっかり忘れていたタケ・・・

気づいた時には新幹線に間に合うJRは行ってしまい

慌ててタクシーで新青森駅まで向かうハメに(T_T)

1500円も損してしまいました・・・はい、やっぱりアホです。

19:36新青森発「はやぶさ20号」⇒22:59上野着、で戻りました。

2日間、大変お世話になりました。ありがとうございますm(_ _)m

(おわり)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

青森大会 つづき”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2013年6月13日 at 6:07 AM :

    麻衣子さん おはようございます。続編を見せていただきました。前編と併せて、大会の全体像がつかめました。続編は、青森駅周辺、「ラブリッジ」、ねぶたの家「ワ・ラッセ」、前夜祭の様子、阪本高士氏の「第三の男」、おいしそうな「身欠きニシンの味噌和え」、「新青森駅」のハプニング、頭に「新」がつく駅は要注意ですね。お疲れさまでした。お忙しい中で、ありがとうございました。感謝。

    • タケ on 2013年6月14日 at 11:32 AM :

      茂男 先生

      お世話になっております。慌ただしい振り返りで恐縮ですm(_ _)m
      今回はドンクサイ事故もなく帰れると思ったら、最後の最後にやはり起きてしまい、我ながら感心(笑)しました。
      ありがとうございます!

  2. 竹内いそこ on 2013年6月13日 at 7:10 AM :

    おはようございます。期待の続編ありがとうございます。
    一人で酒場、なんて演歌の世界ですね。(笑)カウンターに佇む謎の美女・・・・絵になりますね。
     身欠きニシンの味噌和え? 生姜のきいたおでん?!!!
    未知の世界ながら 朝食後なのにつばがたまってきました。美味しそう!
      人情に厚く、味わい深い北国がジワーッと伝わってきます。

    • タケ on 2013年6月14日 at 11:36 AM :

      いそこさん

      美女から離れすぎて申し訳なく思いながらも、ありがとうございます(笑)。演歌が似合うお店で、舟歌でも流れていたらバッチリでした(笑) もともと酒席は大好きなだけに、これでお酒が飲めたら、もっと楽しいだろうなぁと皆さんをうらやましく思いました(^^) 青森の食べもの、おいしかったですよ~☆

  3. 鈴木順子 on 2013年6月14日 at 6:06 AM :

    麻衣子さん、
    (今日の新葉館書店には助手が居るんだ)と思っていましたが、地元女性川柳作家のお手伝いだったんですね。
    今回、私はお供だったから、
    K・Mさんが気を使われて、財布を開く事があるたびに「俺が俺が」と言われて断るのに気苦労しました。で、東横インのホテル代を甘えさせてもらいました。皆が二次会などを楽しんでいる時間帯は、使うはずだったホテル代で、部屋でマッサージをしてもらっていました。
    そのお陰か、月曜日は疲れを感じなかったですが、ここ週末に来て疲れが出てます。若くないです(笑う)
    またた、会える日まで。

    • タケ on 2013年6月14日 at 11:43 AM :

      順子さん

      青森ではありがとうございました(^^)/ 楽しかったですね☆
      助手なんてとんでもないことです…!(>_<) 先輩方に助けていただかなくては、東京まで無事に帰ってこられませんでした(←なんのこっちゃ)。本当に感謝しております! とくに最初から最後までご厚意に甘えっぱなしだったKさん、ご覧いただいていたらこの場を借りて、改めてありがとうございました!!! 

      順子さんの笑顔をみると元気になります(^o^) 
      どうぞお疲れの出ませんように☆ ありがとうございました!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K