Loading...Loading...

9:40分過ぎに登りはじめ、

途中、展望台への道と石切り場への道を間違えました(^_^;)

15~20分くらいロスをしたのではないかと・・・

探検部出身なのに、どうしてこうも方向音痴なのでしょうか。

展望台入口に着いたのが10:40すぎ。

まるまる1時間もかかってしまいました(´・ω・`)

鋸山の展望台には、「日本寺」境内の入口を通らないと行けません。

拝観料が一般600円かかるとのこと。

入口すぐにある、巨大な観音様。

頂上には大パノラマが! 天気がイマイチで残念。

右の岩場は「地獄のぞき」という展望台。

ひー! (でも、高いところ大好き)

下界の緑がキレイ。

金谷港が見えます。ここからフェリーが出発します。

「地獄のぞき」から見る景色。人間が小さい・・・

真下を覗くとこんな感じです(下中央はタケの足)

ロープウェイに乗ってみたかったので、下山はラクチンを選択。

地上300メートル超に猫が何匹もいました。

あら、カワイイ(*^_^*)

あっという間に地上へ。(つづく)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

ノコギリヤマ その2。”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2013年5月7日 at 5:53 AM :

    麻衣子さん おはようございます。鋸山の写真、懐かしく見せていただきました。若かりし日、横浜市健民少年団の子ども達30ほどと久里浜から金谷へ。「地獄のぞき」の展望台から紙飛行機を飛ばし、飛行時間を競い合いました。あの時も、猫に会いました。忘れられないのは帰路。天候急変で、欠航になる前の便に乗船。沖合で、船は木の葉のように大揺れ。ほとんどの子ども達は船酔い。船に弱い私ですが、酔っている余裕がありませんでした。再び、足跡を歩き直しました。ありがとうございます。

  2. タケ on 2013年5月7日 at 10:10 PM :

    二宮茂男先生

    こんばんは、いつもお世話になっております。
    先生は地獄のぞきをご経験でしたか(^^)
    猫ちゃんは、昔から山に住み着いているのかもしれませんね。
    私が会った子は何代目かと想像すると楽しくなります(笑)
    船酔いするほどの波だったとのこと、わたしがフェリーに
    乗ったときはウトウト仮眠するほど穏やかな海でした。
    素敵な思い出話をありがとうございました(*^_^*)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K