Loading...Loading...

こんにちは、東京のタケです。

わたしの両親の実家は、都心(西日本)から

特急と鈍行を乗り継いで3時間かかる駅を下り、

さらにバスで山間を1時間かけて走ったところにある、いわゆる「超」のつく田舎です。

小さい頃から帰省のたびに、山や川遊びばかりして過ごしました。

父が転勤族だったので、いわゆる「ふるさと」と呼ぶ場所がないわたしにとって

この祖父母の住む田舎が原風景ともいえます。

今では訪れる機会がめっきり減ってさびしい限りなのですが、

わたしのアウトドア好きは、まちがいなくこの田舎で育まれました(^_^)

 

前置きはここまでにして、その田舎で入手したお菓子に衝撃を受けました。

名称「焼き菓子」、品名は「米粉クッキー」と書いてあります。

手書きで修正しているあたりが、地元ならではの寛容さということなのでしょうが

問題はそこではありません。

 

原材料のところを見てください。

バターをココナッツに、卵を卵白、バニラを足しているところまではいいです。

山羊 と書いているではありませんか ヽ(゜Д゜)

ヤギ???

ヤギのミルクと書きたかったんでしょうか。

たしかに「豆乳」の文字が消されているので、その代わりに…?

でもこの方、卵をわざわざ「卵白」と修正する繊細さはあるのに

山羊は、山羊だけなんです。

思わず吹き出してしまいました。

あ、クッキー自体はおいしかったですよ☆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

ラベルが面白すぎる件。”にコメントをどうぞ

  1. いたやん on 2012年12月6日 at 4:00 PM :

     山羊の肉、オスはそれなりに美味しいけれど、メスの肉は3ミリほどのバターのようなチーズのようなものが絡んで、あまり美味しくはなかった記憶があります。
     字が小さくて読み取れないのですが、山芋の間違いかな?
    静岡にはうなぎパイもあるし、山羊クッキーと言うのが有っても不思議ではないかな。キャッチフレーズは「ハイジのお菓子」
     

  2. タケ on 2012年12月6日 at 8:27 PM :

    いたやんさん

    コメントありがとうございます。
    ああ! もしかしたら「山芋」かもしれませんね!
    よくみたら、上のほうがモソモソ重なっているようにも見えます。
    確かにこの際、山羊クッキーで売り出したほうが地元活性化に
    つながるかもしれませんね☆ お店の方に伝えておきます(笑)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K