Loading...Loading...

こんばんは、引き続いて東京のタケです。

日曜日は、約1年ぶりに「川柳マガジンクラブ静岡句会」の12月句会に顔を出しました。

発足してから早くも69回目、来月で70回を突破します。

会場(長泉文化センター・ベルフォーレ)最寄り駅の御殿場線「下土狩(しもとがり)」駅。

ちょっと距離はありますが、JR「三島」駅からもアクセス可能です。

ご興味ある方、お近くの方はぜひ! ご参加をお待ちしております。

皆さまご存じのとおり、川柳マガジンクラブ句会では「句評会」を行ないます。

静岡句会の句評会の進行方法には名前がついていて(たまたまかもしれませんが)

この月の進行役のKンジロウさんにちなんで、「Kンジロウ方式」と呼ぶそうです。

必ず全員が句評会の作品について何らかのコメントをするので、

取材する側も「こんな見方があるんだ!」と発見の連続で、非常に勉強になりました。

句会後、忘年会が行なわれました。

お酒もいい具合に入り、さらにヒートアップした忌憚ない意見が交わされます。

この日は、お世話役の一人・N前K人さんが句会の時におっしゃったコメントについて

とうとう私もガマンできなくなって、いろいろ個人的な意見を言わせて頂きました(^_^;)

タケの意見=川柳マガジンの意見ではないので内容は伏せますが、

普段から編集部内で、ときに夜を徹して議論していることなので

ついつい図々しく出しゃばってしまい、反省していますm(        )m

主に、川柳界で昔から話題にされる、作り手と読み手に関することです。

ちなみに、唯一まともに飲める梅酒のソーダ割りを美味しく2杯いただきましたが、

興奮していたせいか、この日は珍しくほとんど酔いませんでした。

したがって、酔っぱらっての発言ではありません(笑)

白熱した川柳談義、相当楽しかったです。勉強になりました。

静岡句会の皆さま、楽しい1日をありがとうございました(^▽^)

今後とも、よろしくお願い申し上げます!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

川柳マガジンクラブ静岡句会へ。”にコメントをどうぞ

  1. 中前棋人 on 2012年12月6日 at 12:13 AM :

     麻衣ちゃん
    忙しいところこちらこそありがとうございました。
    みんな刺激を受けたのか、熱い熱い句会、忘年会となりました。
     また来てください。お待ちしています。(^^)

  2. タケ on 2012年12月6日 at 11:54 AM :

    棋人さん

    こちらこそありがとうございました。
    本当に熱い熱い句会&忘年会でした(^o^)
    会を盛り上げてくださるお世話役と参加者の皆さまのおかげです。
    次にお伺いする際に議論の続き、よろしくお願いいたします(笑)

    • 中前棋人 on 2012年12月6日 at 8:19 PM :

       あのあと6人でカラオケまで行ってまだ川柳談義。きじんが歌いだしてやっとカラオケモードになりました。(^^)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K