Loading...Loading...

こんばんは、徳島出張から東京に戻ったタケです。

9日20時、新宿駅発の夜行バスで出発、10日5時45分頃に徳島駅前着。

 

最近お気に入りの「キラキラ号」というバスに乗りました。

こんどはバス乗り場を間違えず、スムーズに行けました(笑)

東京-徳島間で8500円となかなかリーズナブルです。

時間が有り余っているので、タケゾウ3号(キャリーバッグ)を

ガラガラ引きながら、早朝散歩をスタート。

 

南国にきたな~という風景。しかも真夏並みの気温です。

東京は雨でちょっとだけ涼しかったので、オドロキ。

大会日和で何よりです☆

 

新町川にはクラゲがたくさんいました

 

正面の山は眉山。奥正面は、ロープウェイ乗り場もある「阿波踊り会館」。

 

眉山のふもと

山を見るとワクワクしてすぐ登りたくなりますが、

取材に遅れたら元も子もないので断念。

ロープウェイも早朝は空いてないので、見るだけ・・・。

登山気分だけ味わいました。

 

新町川から眉山をのぞむ

 

目測で8メートル以上はあった椰子の木

 

徳島はアニメの町、らしいです

 

会場の「あわぎんホール」に到着

 

早めに準備しようと、はりきって7時すぎに会場に到着。

なのに会館が開くのは8時40分とのこと・・・

もちろん誰ひとりおらず、待っている間、めっちゃ暇でした。

警備員のおじさんと話したり、コンビニいったりぶらぶら。

こんなことなら、朝風呂に入ればよかったと激しく後悔・・・

当日出席者は517名。

徳島でたくさんの皆さんと再会できました。

アトラクションの阿波踊りも、迫力があってよかったです。

参加者全員でおどる「阿波踊り」は壮観でした。

 

会場ロビーのじゅうたんも徳島仕様(?) うずしおマーク入り

 

大会終了後、徳島駅18時発のバスで大阪へ(3600円)。

大阪市内で別の取材に出ていたM岡女史と合流して、

あわただしくプチご飯しました。

女史とお別れして、21時20分発の新幹線に乗り、23時55分に東京着。

24時20分頃、東京支社に戻りました~。

おみやげを買う時間もない弾丸出張でしたが、なかなか充実していました。

徳島でお会いした皆様、ありがとうございました☆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

徳島弾丸出張。”にコメントをどうぞ

  1. 鈴木順子 on 2012年6月11日 at 6:04 PM :

    麻衣子さん、
    お疲れ様です。
    大会の雰囲気を味わわせてもらっています。もどき気分です。

    • タケ on 2012年6月12日 at 1:48 AM :

      順子さん

      徳島、とっても素敵な町でした。
      順子さんが阿波踊りを華麗に舞う姿、見てみたいです(笑)
      いつかご一緒しましょう!

  2. 完司 on 2012年6月11日 at 8:01 PM :

    まさに弾丸出張! ごくろうさまでした。やっぱり若さです。
    私は、今日も島根原子力館などへ日帰りバス旅行。有り様だけは同じような「弾丸」ですが、へろへろ弾です。

    • タケ on 2012年6月12日 at 1:51 AM :

      完司先生

      徳島ではありがとうございました。
      先生の日々の弾丸スケジュールに比べれば、私の出張なんて
      たいしたことありません。しかも「お酒がんがん」が入り
      ますからね…(笑) 乾杯ならぬ完敗です!

  3. ムツゴロウ on 2012年6月13日 at 6:45 PM :

    31日にお話されてたように本当に弾丸出張だったのですね。びっくり。その中で状況のわかる写真まで取られて、さすがお若い(と私ごときに言われたくない?)
    本当にお疲れさまでした。
    10日は白山神社が丁度紫陽花祭で楽しく「お楽しみ会」をやらせていただきました。

    • タケ on 2012年6月15日 at 9:52 PM :

      ムツゴロウさん

      東京句会、盛り上げていただきありがとうございました。
      旅が大好きなので、出張は楽しくて仕方ありません☆
      いつまで弾丸出張ができるかチャレンジしてみるのも手ですね(笑)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K