Loading...Loading...

こんにちは、東京のタケです。
宿題を大量に抱えながら、3月もはや20日を越えてしまいました。
東京は桜が満開とのニュース、支社のある巣鴨駅前のプチ桜並木は
まだまだのようです。週の後半あたり、歩くのが楽しみです。

さて懸賞川柳2021「川柳弥生賞」の募集もあと10日弱となりました。
課題は「大きい」。締切は3月31日(水)消印有効です😊


専用用紙をお持ちでない方は、上のバナーをクリック♪
応募要項と用紙のダウンロードのご案内がでます。

まだ出句されていない方、今期は大賞1名(10万円)、準賞3名(各1万円)、
秀作7名(各2000円)、さらに佳作50名(各1000円)と入賞枠が広がって
います。まもなく発売の川マガ4月号では、睦月賞の発表を掲載していますが、
佳作50名の作品とお名前がズラリと並んで壮観ですよ~

このブログをご覧の方も入選されているかもしれません😍
要チェックです😎



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K