Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
川柳作家としても名を馳せた吉川英治(雉子郎)のことばを紹介します。
現在、松尾芭蕉に関する書籍の準備を進めています。下記の「魂のある句」
とほぼ同じフレーズが出てきますので、あらためて響くものがありました。

>>
句の魂とは  句の魂とは、句を生むの、心――真実――感銘なぞの、
ほんとうから出発したもの。魂のある句とは、作家のほんとうから出た心、
感銘なぞが、生きたまま、表われた句を云う。
物の観方、描き方、批判、すべてに。
(吉川雉子郎「大正川柳」114~116号連載《川柳常識読本》より一部抜粋)


>
さて、新葉館出版は電子書籍にも力を入れています。
「新葉館eブックス」(左をクリックすると一覧が出ます)て続々刊行中😀

オススメの電子句集は・・・すべて!
新しいところでは、以下の電子版が配信されています。
それぞれ緑色のタイトルをクリックすると、当該ページに飛びます^^

川柳句集 折れない足Ⅱ(中前棋人氏著)
川柳句集 彩りも意味も変わったサンセット(真羽貴子氏著)
川柳句集 亀の歩み(大沢 覚氏著)
川柳句集 75の手習い(狩野順史氏著)
川柳句集 なめくじらⅢ(五十嵐淳隆氏著)
川柳句集 薄っぺら(水品団石氏著)
ダイヤモンド婚記念句集(桑原清風氏著)
歩いて占う、てくて句 川柳文字放送(太石詠二氏著)←まもなく配信

Amazonキンドル、楽天Kobo、紀伊國屋書店など各電子書店で発売中です。
ぜひチェックしてください😊



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K