Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
まもなく刊行の川柳入門書をご案内します


添削から学ぶ川柳上達法    三上博史・著
ISBN978-4-8237-1044-5
定価 1650円

川柳が上達するためには、ライバルから一歩抜きん出た発想力、表現力、推敲力が必要不可欠である。そんな「もっと川柳がうまくなりたい人」に向けた、作句の即戦力を添削例から実践的に学べる川柳入門

本書は「川柳とのつきあい方」「川柳の上達に向けて」「雑詠(自由吟)と題詠(課題吟)の実践」の3章で構成されている。

慶応3年(1867)から続く日本最古の川柳結社・下野川柳社(栃木県)にて新人教室を担当する著者が、平成30年から令和元年までの2年間の連載を大幅に加筆修正し、厳選した21題のテーマの添削実例をもとに、実践的で役に立つ作句のノウハウを、作り手の視点で初心者にも理解できるように易しくアドバイス。

この1冊で、課題から導く発想力、文法やレトリックなど必要なテクニックをしっかり身につけることが出来る。同時に、読者へのフォローの範囲は川柳への悩みや不安などの具体的な解決法といった精神面にも及ぶため、本書を繰り返し読むことで、読者は真の川柳力を身につけることが出来る。

【主な内容】
他人の評価より自分が満足する句を
言葉に対して鈍感にならないために
川柳的な穿(うが)ちの視点を持つには
自動詞と他動詞どちらを選ぶ
下五の動詞の止め方-主観句と客観句-
推敲の苦しみと楽しさ
日記代わりに詠む川柳の功罪
時事川柳を詠む心得


三上博史氏には現在、川柳マガジン「新鋭☆川柳」選者としてご指導頂いており、
著書に「川柳作家ベストコレクション 三上博史」「川柳の神様Ⅰ」があります。
新葉館の三上博史川柳ブログでも、お馴染みですね^^
全国の書店さんでまもなく購入可能です。
新葉館ブックストアにも、まもなくアップします♪
ぜひお手にとっていただけると嬉しいです☆


追 記
最近ささった歌は玉置浩二さんの「メロディー」。←今更ですみません
よい声がしみます🙂
先日、愛用の古いiPodを服に入れたまま思いきり洗濯して使用不能に😱
押しても引いてもググっても、ピクリとも動きません😭
そのちょっと前に、イヤホンを洗濯したばかりでした ←イヤホンだけ復帰
なぜ こうもアホな行動を繰り返すのでしょうか。
外出時の必需品でした😖
仕方なくスマホで音楽を聴いていますが、まだ慣れません😥



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K