Loading...Loading...


『音吉伝 ―知られざる幕末の救世主―』篠田泰之・著
四六判ソフトカバー・606頁/定価 2,860円
ISBN978-4-8237-1024-7

1832年(天保3年)11月、時は幕末―。
14歳の見習い船員、山本音吉(やまもと・おときち)たち14名を乗せた千石船・宝順丸が江戸に向けて出発し、遠州灘で遭難。そのまま14か月ものあいだ太平洋を漂流し、音吉は3人の生還者の一人としてアメリカワシントン州に着岸。

そこで音吉一行は現地のマカ族に救助され、数か月生活を共にすることになる。その後、現地に度々顔を出し、人道的主義の立場かつ日本の開国の手がかりを探していたイギリス人に保護され、帰国の機会を窺いながら世界を転々とする。

5年後の1837年(天保8年)、数々の出会いと経験を積んだ音吉は、漂流民の送還とキリスト教の普及を目的に非武装で日本に向かうモリソン号に乗っていた。ところが異国船打払い令により日本側から二度の砲撃を受け、帰国を断念する事態に。

そのとき、落胆する漂流仲間に向かって、音吉はこう言った。
We will try again.  (もう一度やってみよう)。
これが、近代日本の開拓者として覚悟を決めた、国際人音吉誕生の第一声だった。
その後、音吉はイギリス国籍を所得。自らをジョン・M・オトソンと名乗り、異国の地で才能を開花させ、ビジネスでも成功を収める。

世界初の和訳聖書を翻訳し、イギリス海軍の日本語通訳官となり、日本の近代通訳第1号となる。また“黒船”に乗せられそうになっていた日本人漂流民を匿うなど、終生果たせなかった帰国への夢を、他の日本人をサポートすることで果たそうとした。

音吉はその言動から世界に日本型民主主義を示し、多くの外国人に直接、間接を問わず影響を与えた。彼がいなければ、日本の歴史は大きく変わっていたことは言うまでもない。

望郷の念を抱きながら、49歳でその生涯を終えた音吉は、帰国の夢を息子である音吉二世へと託すことに。

いままでスポットライトが当てられなかった、知られざる幕末の救世主、山本音吉の数奇な生涯を膨大な資料と取材活動から繙いた、新たなる日本開国記!


◆新葉館出版 書籍編集部からのコメント
こちらは川柳書ではありませんが、モリソン号に乗船していた漂流民・山本音吉研究に新たな足跡を刻む注目の一書です。幕末ファンの方にお手にとって頂けると嬉しいです!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

新刊『音吉伝―知られざる幕末の救世主』”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2020年7月9日 at 6:34 PM :

    面白そう。
    時代的には、ジョン万次郎よりも前になるのかな?
    新葉館出版の新たな地平を開拓する歴史書!!、期待しましょう。

  2. take take on 2020年7月9日 at 10:09 PM :

    江畑 先生

    コメントありがとうございます^^
    仰るとおりジョン万次郎が遭難したのが1841年、その9年前に音吉が
    遭難しました。私は探検部出身ですので、もともとサバイバルには関心が
    ありますが、音吉の14か月の壮絶な太平洋漂流生活を想像するだけで
    胸がバクバクしてきました。彼のどんな困難にもくじけない開拓精神を
    見習いたいと思います。ありがとうございます☆

  3. 杜青春 on 2020年7月10日 at 6:18 PM :

    私は探検部出身ですので……初耳、都会の温室育ちの小生とは大違い!
    どうりで?新葉館出版の生き残り作戦がウマい….^_^;

    小生の宿題、もう少し待ってください。自分ではあの方の命日の前に、何とか….

    そう言えば、音吉の話、40年前、映画にもなったよ。三浦綾子の「海嶺」が原作かな。

    • take take on 2020年7月10日 at 8:19 PM :

      杜青春さん

      シティーボーイ(?)の青春さん、こんばんは^^
      若い頃は何が危険なのかをよく理解していなかったため、ザイルつけずに
      滝をのぼったり、ライフジャケットつけずに川下りしたり、思い返すと
      とんでもないことをしていたと冷や汗が出てきます。
      無知とはまさにこのことで、体力云々より今はもう恐ろしくて出来ません。
      今度は、青春さんの都会的サバイバル術をぜひ伝授してください^^ 笑
      宿題の件、承知しました♪

      「海嶺」お詳しいですね、そうなんです! 本書の中にも出て来ます。
      三浦綾子氏の描く主人公の一人は実は別の◯◯のこと・・・?という
      くだりがあったり、興味深く読めますので、機会があればどうぞ^^

      台湾の様子、また教えてください♪

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K