Loading...Loading...

本日2日は、取次さんまわりでした。

ご存じの通り、書店と出版社の間には取次会社があります。

例外もありますが、通常は取次さんを通して新刊本や雑誌が配本されています。

 

某社に向かうとき、ダラダラ坂と勝手に呼んでいる長~い坂を通るのですが、

そこを歩くときの風の冷たいこと、冷たいこと(´・ω・`)

毎日ほんとうに寒いですね。

 

ところで昨年秋頃、今さらながら嬉しい発見がありました。

東京支社からみた夕方の景色

 

なんと、遠方に新宿の超高層ビル群が見えるではありませんか!

ここは階段の踊り場の窓です。

あまりじっくり見たことがないので、気がつきませんでした。

新宿大好きなタケにとって、これは嬉しい発見☆

これで毎日、夜景が見られますね~(^^)/

 

 

都会いま星の下なるハーモニカ   三條東洋樹

「三條東洋樹の川柳と評言」(2004年/小社刊)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K