Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
金曜日の7日は第55回さいたま川柳大会さんにお邪魔しました。
当日お世話になった皆様、ありがとうございました!
>

赤羽のMeetFresh 鮮芋仙は2回目
台湾スイーツの豆花、飽きるまで食べ続けるつもりです・・・

最近、川柳マガジンのバックナンバーを読み返す機会があり、
たまたま斎藤大雄(だいゆう)先生の追悼号(2008年8月号)を手にしました。
最後に大雄先生と交わした会話
「ここにいる顔ぶれを、よく見ておきなさい」
「分かりました」
は、2008年5月18日の札幌川柳社50周年大会の懇親会の際でした。
当時の編集後記にも書いたとおり、
(自らの目で見、しっかりと後世に伝えていきなさい)
という、先生からの激励だったのではないかと思っています。

あれから10年以上経ちまして、振り返ってみますと
よくも悪くも全く変わらないことは勿論ありますが、
リアルに見てきた立場からすると、川柳の世界はやはり変わりました。

自分は、まだ先生との約束が守りきれているとはとても言えません。
5年後の川柳はどうなるでしょうか。
10年後は?
時代に取り残されないように、くらいついていこうと思います。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K