Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
本日は、川柳マガジンクラブ十四字詩句会の1月句会でした。
恐らく、十四字詩のみを扱う専門句会は国内でもここだけ(※)だと思っています
※もし存在していたら、ご教示ください m(_ _)m
おかげさまで60回を越え、隔月開催ですので創立から10年を突破しました


本日は初参加の方がおふたりも! I・Sさんと台湾からおこしのT・Sさん。
I・Sさんは東京句会にもご参加いただき深謝(^^)
T・Sさんは、ちょうど句集が出来たところでご出版おめでとうございますヽ(^0^)ノ
3月3日には、台北市にて台湾川柳会創立25周年大会が開催されるそうです。
日本からもたくさんの川柳作家が参加する予定だとか。これは盛り上がりますね♪

前列左からおふたり目が本会の大黒柱、お世話役のI・Jさんです。
恒例の自由吟・句評会のほかに、全員で“袋回し”をして盛り上がりました。
句会後の新年会も“超”楽しかったです(´▽`) 皆さま、ありがとうございました♪
当日の模様は、まもなくアップ予定のH・Mさんのレポート(←クリック)どうぞ(^^)/


現在、川柳マガジン誌上の月替わり句会にて「十四字詩」も募集しています。
ご選考は、このリアル句会でもお世話になっているI・Yさんにご指導頂いております☆
誌上句会もリアル句会も、どなたでもいつでもお気軽に遊びにきてください♡

もちろん、その他のクラブ句会(←クリック)も、活発に毎月開催しています(≧∇≦)
機会をみてご紹介したいと思います♪

この記事、アップしてからも、あーだこーだとチマチマ書き足しています<(_ _)>



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K