Loading...Loading...

こんにちは、東京のタケです。
昨日、現代川柳かもめ舎さん主催「かもめ舎10周年記念大会」にお邪魔しました。
当日の様子は「川柳マガジン」大会ニュースで報告します(^^)

はじめてお目にかかる方にたくさんごあいさつでき、楽しかったです。
前日の鳥取県川柳大会が終わって駆けつけたというH・Mさんとも
久しぶりにお会いすることができました♪

皆さま、ありがとうございました☆

会社近くのカフェの看板。
この形といい、サイズといい、個人的にとても気に入っています。
本でいうと、文庫でも新書でもない新書判変型(?)みたいな感じ。

ただ、その明確な理由を言葉であらわすことはとても難しく、
今のところは「なんとなく」としか答えられません。
センマガ「柳静圏」によく出てくる「なんでもだ」みたい(笑)

散文でこの状態なのに、川柳で表現しなければならなかったら・・・?
考えただけでギブアップしそうです。

「一番大切なのは書きたいという心の波」
 「文芸は答えの出ないもの。死ぬまで追っかけるもの」
(「時実新子の川柳と慟哭」より)

思いをかたちにしている川柳作家、その深いところをもっと知りたいと思いました。
時実新子先生の言葉を、もう一度噛みしめています。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

かもめ舎さん大会にお邪魔して。”にコメントをどうぞ

  1. M.H on 2018年10月30日 at 9:12 AM :

    先日はお疲れさまでした。
    お元気そうで何より。
    でも働きすぎには注意ですよ。

    • take take on 2018年10月30日 at 1:47 PM :

      M・Hさん(=H・Mさん 笑)

      こんにちは、当日はありがとうございました。
      まさか新横浜でお会い出来るとは・・・! 嬉しかったです(^o^)
      鳥取⇒横浜とMさんのほうがお疲れになられたのではないでしょうか?

      週末は浜松にお邪魔する予定です。
      これからもよろしくお願いいたします☆

  2. Y.とまと on 2018年10月31日 at 7:36 AM :

    おはようございます!
    時実新子先生の言葉
    「エッセーはハート、川柳は丹田で書く」
    この言葉にも唸ってしまいました☆
    「心の波」を、どの分野の文芸にどのように納めるか・・・
    難しい試行錯誤ですよね・・・

    • take take on 2018年11月1日 at 2:08 AM :

      Y.とまとさん

      こんばんは☆
      「エッセーはハート、川柳は丹田で書く」、ずしんとくるお言葉です!
      川柳作家の皆さまは、川柳という最強の器をお持ちでいらっしゃいますね☆

      私自身、巧拙はさておき「書きたいという心の波」を大事にしたいと思います。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K