Loading...Loading...

おはようございます、東京のタケです。
たまたま「川柳マガジン」バックナンバーで調べ物をしていましたら、
ユーモア川柳三羽烏の須崎豆秋、延原句沙弥(彌)、高橋散二の作品が
目に留まりました。

啄木の眞似してカニにはさまれた  豆秋
羊羹にあらずんば石鹸の重さ   句沙弥
しまいかと思えば続くベートーベン 散二

上記3句は、川柳をまったくしていない知人が「面白~い」と膝ポン
した例句のほんの一部。

そういえば先日、本誌誌上句会でお世話になっている某先生と
都内某所のビールが美味しいお店で乾杯しました。

博識でとにかく話題が豊富、色々なことを教えていただきましたので、
脳のシワが2本ほど増えたのではないかと喜んでいます。

その先生と関西の柳界のことを話していて、私が昭和の三羽烏に触れると
「やけに古い作家を出してくるね」と先生(^^;)
先生は最新情報を聞きたかったようです、反省。

まもなく元号が変わりますが、すっかり昭和は遠くなってしまいました。
いずれは平成も、ですね。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K