Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
本人が書いておりますよ
(↑ 詳しくはセンマガ8月号にて 笑)

パソコンから音声が出て
「こんばんは、東京のタケです」
と「麒麟」の川島さんみたいな低音の美声が流れたとしたら、
面白いだろうなと想像してみたり・・・はい暇人です。


その昔、作ってみたい本がありました。
「深海魚図鑑」です。
海の図鑑に出てきた、パックマンみたいな頭の深海魚が忘れられず
子ども時代は深海に大きなロマンを感じていました。
海嶺や水深何千メートル級の海溝、なんて震えるほどワクワクしました。
今はたくさん関連本が出ていて楽しいです。


今なら、やっぱり川柳の本をプロデュースしてみたいです。
こんな本やあんな本・・・いつか出せたら楽しいだろうな(少しは売れるだろうな 笑)
と夢を膨らませています。
その前に予算とか〇〇とか・・・S編集長とM岡女史にハンコもらわないと(ーー;)


川柳マガジン文学賞のご応募、ありがとうございました!
発表は11月号(10月27日発売)です。
どうぞお楽しみに



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

こんな本やあんな本。”にコメントをどうぞ

  1. on 2018年7月31日 at 5:42 AM :

    八月号を読んで、六月号の編集後記を読み直してみました。
    いつもと変わらないタケさんの文章ですが…。
    投稿者の方は、柳界の有名人タケさんをご存じない方なのでしょう。
    男装の麗人! いいですねえ!

    • take take on 2018年7月31日 at 1:12 PM :

      潤さん

      こんにちは~
      柳界の有名人 (´・ω:;.:…  ⇒ “柳界の(要)注意人物” の間違いやろ
      男装の麗人  (´・ω:;.:…  ⇒ “何層もの冷気” がするわ
      ハイハイ、外野から早速ツッコミがきましたよ ~(`ε´)

      中学生の時、ベリーショートでスカートもほぼ履かず女性らしさがゼロに近かったので(今も、という声は無視しますよ)、よく男子に間違えられたんですけど文章は新鮮でした(笑)

      • 勢藤潤 on 2018年7月31日 at 1:41 PM :

        ちょっと言いにくい事ですが…。 今月号の78頁に間違いがあります。

        「脱皮」田中寿々夢選 砂を吐くことも覚えて人になる 田中寿々夢

        寿々夢先生が、自分の句を天に取ったみたいですよ! 織田和子選の間違いです。

  2. 木立時雨 on 2018年8月15日 at 6:29 AM :

    8月号、思わず笑ってしまったわよ。
    ホント失礼だわね。
    きっとネット上などでは性別を超えたなりすましって多いのね。
    だからどこでもやっていると安易に思い込むのね。
    ねぇ、私も女になったつもりで川柳作っていいかしら?

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K