Loading...Loading...

こんばんは。
校正の指示のひとつに「半角アキ」というのがあります。
ご存じの通り、文字と文字の間に半角分のスペースを空けることです。

先日、某先生から頂いたゲラ刷りに、この指示があったのでチェックしていたら
半角牛角に見えて、思わず目をこすりました

・・・どうしても焼き肉が食べたかったみたいです。

牛角アキということは、「近所の牛角は空いてるぞ、心配すんな」記号かしら?
はい、暑さで脳の回路が(ますます)おかしくなっている東京のタケでした。


浅草・吉原界隈で出会った猫ちゃん
ふてぶてしいところが、ムギュー氏に似ていませんか?


吉原ネコ「おいオマエ、冗談もたいがいにするニャよ」
巣鴨タケ「はい、すみません」


今日は「平成30年朝顔川柳句会」の取材で浅草へ。
その帰り、吉原方面を散策しました。
興味深いネタは、また次回に・・・。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

半角アキ。”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年7月6日 at 7:42 PM :

    フィーリングのレベルかも知れませんが、小生などは「半角アケ」という言い方をしております。こちらの方が良いと思っていますが、如何でしょうか?
    「半角アキ」は事実の叙述に過ぎませんが、「半角アケ」には作者(時には編集者)の意思が感じられるのです。

    • take take on 2018年7月6日 at 8:24 PM :

      江畑 哲男 先生

      いつもお世話になっております。
      確かに「アケ」には意思が含まれていますね・・・!
      貴重なご意見ありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K