Loading...Loading...

複数咲いていた中で、いちばん印象に残ったものをパチリ。
よく見ると満開を過ぎているものの、とっても鮮やかな色でした

相変わらず更新をサボっていますが、東京のタケは元気です。

6月号の「川柳マガジン」編集後記にも書いている通り、最近いろいろなところで
川柳が広がっているなと実感しています。

「やることリスト」もゲラの山も減りませんが、非常にやり甲斐があります。
楽しく仕事ができる幸せ、何より川柳が広がる幸せを噛みしめています
皆様のおかげです、いつもありがとうございますm(_ _)m

先日、気分転換に某所の立ち呑み屋さんで水のように薄いハイボールを飲んでいると、
4、5人の大学生らしき男性たちの楽しそうな会話が聞こえてきました。

流行りのゲームの話題はさっぱり内容が分かりませんでしたが、
「上野のさ、記念碑みたいなとこで待ってたらさ、階段でウンヌンカンヌン」
はい、まこと古い表現で恐れながら、耳がダンボになりましたよ。

上野の記念碑、しかも(西郷さん像にたどり着く)階段近くってことは・・・
柳多留250年事業で建立した、誹風碑こと「金のアヒル像」ではありませんか??

たとえ「川柳」のセの字も出なくていいんです。
上野のヘンな像でも、金の鶴でもガチョウでも構いません。
待ち合わせ場所として認知されていたことが素直に嬉しいのです
ほぼ水のハイボールが、氷がとけて98%水と一体化してしまいそうなそれを
嬉しすぎて思わず一気飲みしましたよ

ネタはこの他にもまだありますので、次回に♡



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

上野の記念碑みたいな。”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年5月29日 at 6:49 AM :

    面白い!

    • take take on 2018年5月30日 at 2:06 PM :

      江畑 哲男 先生

      いつもお世話になっております。
      ありがとうございます(^^)/
      6月の貴会では、よろしくお願い申し上げます。
      青春さんにお会いできるのも楽しみにしております☆

  2. 竹内いそこ on 2018年5月31日 at 10:55 PM :

     こんばんわ タケさん
    美しい紫ですね。
    江戸紫ってこんな色なのでしょうか。

     金色のアヒルさん、さっそく話題に登場なのですね。
    東京駅の銀の鈴、渋谷のハチ公のように、もっと待ち合わせスポットとして有名になるといいのに。
     さて、本題、昨日「川柳えんぴつ」誌の校正にいきましたら、近詠のページ担当者から、「三浦大知」って何け?」
     水泳してる人け?アスリートけ?
      なんとまあ、紅白にも出たミュージシャンなのに・・・・
     それはともかく、近詠に詠んでくれたというのは嬉しいですね。

    • take take on 2018年6月2日 at 1:37 AM :

      竹内いそこさん

      こんばんは(^^)/
      いそこさんのコメント「江戸紫」でピンときた方、センマガ6月号を読まれていますね~(笑)確かにこんな色なのかもしれませんね(^o^) 金のアヒル像が若者の待ち合わせ場所になっていたことが嬉しくてうれしくて、実はそれはですね~と横から説明したくなっちゃいました(笑)危ない危ない(^_^; 

      D知くんがとうとう川柳作品に登場ですか! こちらも感激です(☆。☆) 最近のタケ事情はといいますと、「球体」公演にダブル落選したショックでちょっと放心状態でしたが(笑)、気を取り直してDVD発売を待つことにしました♪ 熊本大会も近づいてきて、ドタバタしています☆ 
      無牛大先生は超ゲンキです(^_^)v

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K