Loading...Loading...

四六判ソフトカバー・330頁
ISBN978-4-86044-500-3
 1,620 円(税込)

誰も書かなかった、
誰も書けなかった、吉原の真実。
江戸の常識を覆す新説。

江戸文化の粋を極めた吉原が、どうつくられ栄華を極めたのか。
なぜ新吉原は、江戸の中心地から離れた一面の湿地帯であった
悪所・浅草につくられたのか。

カギを握る人物は徳川家康とその旗本、尾張屋(松本)清十郎、
豪商で知られた河村瑞賢など、
江戸から遠く離れた尾張の男衆の活躍が欠かせなかった。

そして吉原を支えた彼らの傍らには、いつも「〇△■」の存在があった。
吉原を語る時に欠かせない遊女の悲話、花魁道中、見返り柳、
おはぐろどぶ、五十間道、稲荷社の謎にも迫る。

主な構成は「吉原遊廓の謎」「吉原へ進出した男たちの郷」
「元吉原閉鎖の本当の理由」「吉原遊廓移転計画」
「新吉原はこうして造成された!?」など。

「吉原はこうしてつくられた」 (←クリック)発売中です



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K