Loading...Loading...

震えるほど寒いかと思えば、上着が不要なほど暖かかったり、
桜も戸惑っていますね。
ようやくこの辺りも頃合いになってきました。
こんばんは
今年はどこでお花見をしようか考えている、東京のタケです。

やることリストの数は あれから余り減っていませんが、
D知くんの歌はもちろん、最近また海外ドラマ鑑賞も復活、
そこそこ気晴らしをしつつ、日々過ごしています。

さて「川柳マガジン」4月号、まもなく皆様のもとにお届けします。
今月の表紙を飾って頂く「柳豪のひとしずく」の作家は・・・
背景に力を借りて春らしい写真となりましたので、お楽しみに(^_^)

そして、人気コーナー「難解句鑑賞」は笹田かなえ先生に、
「川柳なんでもかんでも相談室」(仮題)は鈴木順子先生に
ご指導いただくかたちで近々復活が決定
どうぞご期待ください

このブログでもご案内した「マイホームトラブル川柳」の発表は
「川柳マガジン」5月号(4月27日発売)です。
こちらも結果をお楽しみに

25日は、第47回千葉市民川柳大会さんにお邪魔します。
よろしくお願いします☆
>
>
>>貝動く再び同じ道はなし    >>>大野 風柳
>>カリントのような羊の足二本  >>>
>>黄色い平野酒のんで来てなお黄色  
>>蛍光灯の紐はどれどれ俺が引く    〃



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

春ですね。”にコメントをどうぞ

  1. 竹内いそこ on 2018年3月26日 at 10:40 PM :

      タケさん こんばんわ
     もうすぐマガジン四月号 待ち遠しいです。
     お花見はどうでしたか?
      
     こちらはあと一週間くらいが見ごろ。
     昨日お会いした金沢からお越しのお客さんに聞いてみたら、金沢もあと一週間くらい。
     「蟹の目現代川柳大会の頃が兼六園のお花が見ごろですよ、是非」ということでした。

     大知くん、めざましいご活躍ですね。
     今度は雑誌の表紙になるそうで、どんどん大物になって手が届かなくなりそうです。
     うれしい一方で、成長の早さを嘆いている親心もあったりして・・・複雑・・

    • take take on 2018年3月27日 at 9:43 PM :

      竹内いそこさん

      こんばんは、いい季節になりましたね(^^)
      支社の周辺も桜がきれいです。
      今日は、取材で上野に行ってきたので公園をすこしブラブラしてきました、綺麗でしたよ~。本格的なお花見はまだなのです(できるのか・・・汗)。蟹の目さんは4月1日ですよね。北陸の桜も素晴らしいでしょうね(^_^)

      D知くん・・・既にファンクラブイベントが待ち遠しいです♡ いそこさん仰るとおり、D知くんフィーバーで出演情報をチェックするのも大変、うれしい悲鳴をあげています。雑誌はまたもや3冊も取り寄せてしまいました(^v^)複雑なお心分かります、分かります。「ちゃんと寝ているのかしら」などと老婆心を出したり・・・笑

  2. なごみ なごみ on 2018年3月27日 at 8:14 AM :

     やっと春になりさくらのお花も開花しはじめてうれしいだけど、花粉症には辛い季節です。
    目はかゆかゆ鼻はグズグズほんともういや~~
    一気にまるで夏のような陽気についていくのが大変でえす。
    こちらの桜もまもなく満開の時季になります、4月の信玄公祭りも控えて活気づいてます。
    タケさん富士川大会おまちしてまーす。

    • take take on 2018年3月27日 at 9:50 PM :

      なごみさん

      こんばんは~ お花好きのなごみさん、なごみさんと言えば真っ先に春のイメージを思い浮かべます(*^_^*) なごみさん、花粉症でしたか。それはおつらいですね。今のところ私は大丈夫ですが、いつどのタイミングでかかるか分からないといいますので油断大敵ですね。どうぞお大事になさってください。

      桜はいいですよね。大好きだった歴代のペットたちとの別れが何故か4月に重なっているため、桜には悲しい思い出も残っているのですが、年齢とともにこの花の美しさ、儚さが身にしみてくるようになってきました。山好きな私にとっては山梨は聖地のひとつ、タイミングが合えば富士川さんもまたお邪魔したいと思っています(^^)/ 近くなりましたら、またご連絡させていただきます☆

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K