Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
自分がなぜ山登りが好きだったのか、理由を思い返してみました。


目標の頂上は、まったくたどり着けそうもない、はるか遠くに見えます。
しんどいな、と思っても、いったん進んでしまったものは仕方ない。
もう戻るわけにはいきません。
80リットルの重いザックが、ずっしりと肩に食い込みます。
水を捨てたい、火器を捨てたい、切れてないチーズを捨てたい、テントもシュラフも!
来るんじゃなかった、と毎度のように後悔します(笑)
ブツブツ文句を言いながら、でも一歩ずつでも進むしかないのです。
汗まみれになって、下を向いてぜーぜー息をきらしながら、ふと顔を上げると
さっきまで、まったく手の届きそうもないと諦めていた頂上が
明らかに近づいているのが分かります。
その一瞬が好きです。
というのも、そこまでの思いをして頂上についても、感動は一瞬で消え去り
また、新しいスタート地点へと戻るからです。
山登りは、私にとって、その繰り返しでした。


今はいったい何合目なのでしょうか。

ということで、もうひとふんばりどころです(^^)/
がんばるぞ、オー ←ひとり鼓舞(笑)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

山が好きだったはず。”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2017年12月15日 at 7:43 AM :

    仕事も同じですね。
    そのうち、頂上が見えますよ。
    〈……80リットルの重いザックが、ずっしりと肩に食い込みます。
    水を捨てたい、火器を捨てたい、切れてないチーズを捨てたい、テントもシュラフも!
    来るんじゃなかった、と毎度のように後悔します(笑)
    ブツブツ文句を言いながら、でも一歩ずつでも進むしかないのです。
    汗まみれになって、下を向いてぜーぜー息をしながら、ふと顔を上げると
    さっきまで、まったく手の届きそうもないと諦めていた頂上が
    明らかに近づいているのが分かります。……〉

    • take take on 2017年12月15日 at 6:07 PM :

      江畑 哲男 先生

      ありがとうございます。
      開けた景色が見えるよう、精進いたしますm(_ _)m

  2. 勢藤潤 on 2017年12月15日 at 3:17 PM :

    200号企画でお仕事が大変なことは分かります。しかし、

    山登りも真夜中は危険ですが、午前3時にお仕事のメールは異常ですよ!

    と言っても川柳界はタケさんが縁の下の力持ち。

    頭がさがります、感謝。

    • take take on 2017年12月15日 at 6:14 PM :

      勢藤 潤さん

      お世話になっております。
      恐れ入ります、早朝に社を出る予定があり、夜中のメールになり失礼しました。
      おかげさまを持ちまして、よい企画になりそうです☆
      こちらこそ、ありがとうございます。
      引き続き、ご指導よろしくお願いいたしますm(_ _)m

  3. Y.とまと on 2017年12月15日 at 9:05 PM :

    こんばんは(^^)
    山 いいですよね! 最近は、もう体力ナシで×ですが、
    初めて登山らしきことをしたのは、50才を過ぎてからの
    富士山でした。しかも一人でツアー参加・知人達に「日本一の山ナンだよ!無謀ダヨ」と脅かされ、筑波山で練習したっけ・・・
    山登り・頂上付近が、一番キツい!でも前進スルしかない・その先には、達成感、快感☆☆☆待ってますよね(^_^)V

    P.S「チョコレートをたべたさかな」読みましたよ!
    30年前に読んだなら(イヤ40年?)ワタシも、うるうる・・・だったかも(笑)

    • take take on 2017年12月16日 at 12:58 AM :

      Y.とまとさん

      こんばんは、「チョコレート・・・」読まれたとのこと(^_^)v
      わたしも今読んだらどうかな・・・と思ってしまいます(笑)
      とまとさんも山好きとのこと、あの何ともいえない気分を
      しばらく味わってないので、さびしいです(-_-)
      まず、仕事の山を登りきらないと(笑)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K