Loading...Loading...

節分が過ぎると春闘のニュースが流れるようになるが、今年はコロナでそれどころではない。それでも安倍総理になって、後半ごろには、官邸が経団連に働きかけて、賃上げを誘導するようになり、賃上げも様変わりをしていた。私が17歳で、会社に勤めだして4・5年たった頃は、総評に、太田薫と言ってラッパの名手が、日本の労働運動を仕切っていた。昭和35年ころは、総資本対総労働と言って、太田薫を先頭に三池争議が組織されて戦った。そのころは三原でも、メーデーに参加するデモの列には、表題の句のような情景はよく見かけたものである。

この前から、膝の注射と、腰の注射もするようになったがあまりよくならない。昨日今日と冷たい雨が終日降るせいか、膝も腰も痛みがひどい。

雨のため散歩も出来なかったので、万歩計は、申し訳の1.030



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

春闘と聞けばハチマキむしろ旗”にコメントをどうぞ

  1. 前中吾一 on 2021年1月23日 at 9:50 PM :

    春闘や野武士のような委員長 吾一、今は昔の話しですネワシも御用組合野武の役員しとりましたよ

  2. 野村 賢悟 on 2021年1月24日 at 10:07 PM :

    自治労は最後まで頑張りました。あの頃が良かったどうかわからないが、希望はあったように思います。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K