Loading...Loading...

ある本で、生活は真面目に、川柳は破廉恥にという言葉を目にした。びっくりして、読み進んでみるとさにあらず、川柳はもっと真剣にと言うことらしいでほっとする。しかし、真剣になればなるほど、句が割りにくくなるが、説明をしてもらって、なるほどと、納得ができると言う、不勉強さを恥じ入るばかりである。もっと読ませていただいて川柳の何であるかを勉強したいと思う。

今日は、泌尿科、耳鼻科、整形と病院の梯子して回った。どの科も、数値は高止まりで、あまり、変わりはない。お迎えまでこの状態を保って、生きていくしかない。

今日は上皇様の、87歳の誕生日。私と同じ、1933年生まれだが、私は1月、上皇様は12月。私は明ければすぐ米寿になる。皇太子だったころの、詰襟姿で美男子だったころの写真を今もはっきり覚えているが、我々と一緒、時間の残酷がは容赦しない。容貌は私と一緒、それなりの姿になられている。時間は平等に過ぎていくものらしい。

万歩計は、4.186

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K